カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

悲報! iPhoneSE2は今年発売されない!〜数々のリークがむなしくも通り過ぎていく…〜

やっぱりそう来ますか…

 WWDC2018に向け,数々のコンセプトデザインが出回り,専用ガラスフィルムの発売情報も合ったことから,
「発売するのか?」
と期待させたiPhoneSE2。

 しかし,哀しいことにWWDC2018での発表はなく,大変残念に思っていました。

 また,同時に,
「とすると,秋に予定されている3機種以外の発表は厳しいな…」
ということも予想していました。

 今年の秋には,従来の5,8インチiPhoneXの後継機,6,5インチiPhoneXPlus,さらに6,1インチ液晶廉価版iPhoneの3機種が発表されることがすでに既定路線としてあるわけで,これに追加して「4機種目」のiPhoneを投入するだけの体力は今のAppleにはないと踏んだからです。

f:id:es60:20180527133521j:plain

 すると案の定,次のような記事が…。

 ですよね。無理ですよね!

 

新型3機種の準備は着々

 その分といっては何ですが,既定路線の3機種についての準備は着々と進んでいるようです。

 こちらも保護フィルム情報なわけですが,もはや既定路線過ぎてさほど熱い情報として扱われてさえいません。

f:id:es60:20180619181914j:plain

f:id:es60:20180619181919j:plain

 若干中央の液晶モデルのベゼルが広いのは,気のせいなのか,それとも液晶iPhoneはベゼルが広く差別化される形で発表されるのか?

 興味はそのくらいですかねえ〜。

 いずれにせよ,私個人の2年買い換え時期がこの秋となります。きっとこのままではiPhoneXにいっちゃうんだろうなあ。

 やっぱりタイミングって大事ですよ。タイミングの悪さでiPhoneSE2への乗り換えの機会を逸してしまう人もいるんだろうな〜,と恨み節をいってみたりした。

 まあそれも本当にiPhoneSE2ができるとたら…という仮想の話なのが更に哀しいのですが…。

カメラが飛び出るノッチレス Vivo NEX登場〜iPhoneXPlusとガチ競合?〜

オールスクリーンスマホ! Vivo NEX登場

 スマホが「ベゼルレス」時代に突入して間もないわけですが,いよいよ本当の意味でのベゼルレス全面ディスプレイ,「フルスクリーン」のスマホVivo NEXが登場しました。

 

カメラが飛び出る? それはどうでしょう…

  iPhoneXのように「ノッチ」があるタイプではなく,名実ともにベゼルレス,フルスクリーン。

f:id:es60:20180616142722j:plain

 登場が確実視されている「iPhoneXPlus」との比較画像がこちら。

f:id:es60:20180616142825j:plain

 見事に「フル」ですな〜。

 ここで気になるのは,
「では,フロントカメラはどこに行ったの?」
ということ。

 なんと,普段は隠れていて,使用する際にポップアップ!するようです。

f:id:es60:20180616142942j:plain

f:id:es60:20180616142952g:plain

 う〜ん,どうでしょう,これ?
 皆さんは許容範囲ですが?

 まあ確かに,画面内に埋め込まないのであればこのようにするのも手なのでしょうが,スタイリッシュとは言いかねますね。

 なぜかiPhoneX系のノッチがかわいく見えます。
 個人的には,ノッチはそんなに気にならないのですが,この「飛び出しカメラ」は生理的に無理かも…。

 

iPhoneはどうする気?

 ここでふと気になりました。

 将来的にiPhoneはこの問題をどのように解決するのだろうかと…。

 例えばFACEIDの代わりにTouchID内蔵ディスプレーを採用できる目処が立ったとして,では,フロントカメラは?

 また,Galaxyのように,指紋認証とFACEID・虹彩認証等の二重認証の方向に進んでいくのかもしれませんが,どちらにしてもフロントカメラをどこに置くか,という問題はついて回るわけです。

 

 カメラを極小化して目立たなくする,カメラもディスプレーの中に入れ込んで表面からは見えないようにする…など,素人考えではいくらでもアイデアが出てきますが,実際はどのようになるのでしょうか?

 いずれにせよ,今後はVivoのような中華スマホが革新的な技術を率先して打ち出してAppleに挑んでくることは容易に想像できます。

 それに対し,Appleがどのように迎え撃つのか?
 10年前,iPhoneがこのような一時代を築くようなガジェットになることは誰もが予想しませんでした。
 とすれば,10年後にiPhoneが現在同様の主権を握る存在である続けるかどうかという保障はどこにもありません。

 

 Appleには,先を見通した上での基本的製品戦略と技術戦略が要求されています。是非ともAppleには今後も業界のリーダーであり続けて欲しい。強くそう願います。

土屋鞄製造所 小銭入れ「ディアリオ ハンディLファスナー」一晩で売り切れ!

一晩で売り切れ? そんなに人気なの?

 土屋鞄製造所の製品に惹かれ,これまでバックやブックカバー,財布など,色々と手を出してしまいました。
 この記事以外にも「トーンオイルヌメ革」のショルダーバッグも購入しましたので,これまで4点を購入したことになります。道理で金欠なわけです。

 しかしこの度,小銭入れ「ディアリオ ハンディLファスナー」 が再販されるという通知が来て,またやってしまいました。

f:id:es60:20180616150230j:plain

 

 再販開始は「6/15 21:20」との連絡。
 ワールドカップ「ウルグアイVSエジプト」の熱戦を抜け出して,すぐさま注文手続き完了。

 そして一晩明け,昼前に土屋鞄のサイトを覗いてみると,なんとすでに売り切れているではありませんか!

f:id:es60:20180616150216j:plain

 以前に購入した「トーンオイルヌメ革 ブックカバー」は,しばらくは売り切れになっていませんでしたので,この小銭入れは相当人気があるようです。

 

ディオリアの革のエイジングに期待

 この小銭入れの革素材は「ディアリアシリーズ」共通のもの。私が以前購入した2ウェイトートバックと同じです。

 この革,オイルの量が半端なく,皮の厚さも手伝って,重厚でしっとりとした質感を誇ります。
 反面,非常に表面が傷つきやすいのですが,不思議なことにキズを手や布でこすると消えちゃうんですよ,キズが。

 それだけオイルの量が半端ないということ。

f:id:es60:20180616151121j:plain

 

 この革を「財布」として使用するということは,恐らく日常的にキズをケアしていくことになるということ。
 以前購入した「トーンオイルヌメ革」の財布は,表面のキズという意味ではストレスフリーでしたので,また違った感覚を味わえるはずです。

 キズを恐れて使うのでは本末転倒ですので,ケアしながらも,ごく普通に使用した上でのエイジングを楽しんでいきたいと思います。

 

 商品が到着しましたら,実物の紹介もしたいと考えています。
 乞う,ご期待!

 

藤原さくら「green」〜22歳の原寸大から才能があふれ出る〜

ようやく年齢が追いついた? 22歳の原寸大がはっきり見える

 待ちに待った藤原さくらさんの新譜「green」がリリースされました。

 いや〜,最高です。
 聴いていて幸せになれる,浸れるというアルバムは最近めっきり少なくなってきましたが,この「green」,藤原さんの世界観,才能にどっぷりと浸れる作品となっています。

 名作だと思います!

f:id:es60:20180609114654j:plain

f:id:es60:20180609114640j:plain

 私自身,これまでの藤原さんの作品に関しても,高く評価してきました。

  年齢の割に大人っぽい歌詞や曲調に,その才能を感じていましたが,逆に言えば,「背伸びしている感」があったのかもしれません。

 しかし本作「green」は,22歳というの藤原さんのまさに「原寸大」とも言える作品となっています。

f:id:es60:20180612194225j:plain

 これまでの同様のJazzyでアンニュイなけだるさを残しつつ,22歳という若々しさ,瑞々しさが大いに感じられるのです。

 まあ,これまでの作品からあまり若々しさが感じられなかったということ自体,藤原さんのただ者ではない感じが伝わってきてもいたのですが。

 

 具体的にいうと,
・アンニュイな感じを大いに残しつつも,曲調がアレンジがやや明るくなった。
・後段で述べる曲のテーマ設定が藤原さんの現在位置を示している。
ということです。

 「曲調」に関しては,これまでの藤原さんのアルバムを聴いている方ならば,なんとなく私の言いたいことが伝わるのではないかと思います。
 しかも,アコースティック感を残しながらも,非常に洗練させた仕上がりとなっているのです。

 私は,「新生 藤原さくらを感じました。大きく脱皮したような印象を受けます。
 正に「才能があふれ出している」といえる名作になりました!

 

 

曲のモチーフを知ると2倍楽しめる

 私は,今回の「green」を聴いてから,以下の2つの記事を見て,非常に得をした気分になりました。

 藤原さんがどのような思いで曲を作ったのか…ということが見えてくることで,彼女の現在の立ち位置が見えてきたような思いがしたからです。

 まず興味深かったのは,
「いつもはアルバムを想定せずに曲作りを行い,後から必要な曲を付け加えていく」
という手法をとっていたが,今回は
「アルバムのコンセプトを固めてから曲作りを行った」
と明言しているところです。

 そして私が感じた今回のコンセプトは,「今の藤原さくら」ということ。だからこそ,一聴して「原寸大のアルバム」と感じたわけです。
 その私の感覚を,アルバムを聴いた後にこれらの記事で確かめることができて,とてもうれしい気分になりました。

 

 一曲ごとの解説もかなり詳しくしてくれています。

 

Sunny Day

 なんとも不思議な歌詞なのですが,これ,亡くなったおじいさんのことをモチーフにしたということ。


藤原さくら 「Sunny Day」 (short ver.)

 おじいさんがなくなった日がとても晴れていて,それが「死」という現実とのギャップを生んだのだそうです。「あのときもっとこうしていれば…」いうことも感じながら,「人生なんて,そんなことの繰り返しだ」と感じたり…。

 そんな,「生乾き」のような感覚を,「今はそれでいいじゃないか」という思いを込めて作ったのだとか。

 その裏事情を理解してから聴くと,また最初とは違った感覚になります。身内との別れが否応なくやってくる年代になった藤原さんの「今」。

f:id:es60:20180616115635j:plain

 

Time Files

 こちらは,友達のことを歌ったそうです。

 22歳といえば,社会に出て自分の生活が急変する時期。
 久しぶりに友達に出会ったときに,昔とはまるで違う自分や友達だったりする…。

 そんな現実がさみしかったり…。

 でも,昔の出来事があるからこそ,今の自分や友達がいる。

 これまでとは違う感覚で自分を見つめようとする時期。それが藤原さんの「今」。

f:id:es60:20180616115753j:plain

 

bye bye

 こちらは一聴すると「哀しい別れ」を示唆しているようにも感じましたが,実は結婚する姉に対する「bye bye」ということです。

 家族としてのさみしさを感じながらも,祝福して「bye bye」といわなくてはならないもどかしさ…。

 家族の関係性が変わっていく藤原さんの「今」。

 

 様々な別れを経験し,さみしさも感じながら,先に対する希望もある。そんな何かが芽吹いていくような感覚を「green」というタイトルに込めたのだそうです

 正に藤原さんの「今」が詰まっているからこそ,非常にフレッシュな作品になっているわけですね!

 

 ミニアルバムということを感じさせない満足感に浸ることのできる今回の作品。まだ藤原さんのことをよく知らない方にこそ聴いていただきたい!
 本当にお薦めです!

green

green

 

 

WWDC2018考③ macOS Mojaveは「安定」,WatchOS5は「大幅進化」

MaciOSとの連携はお預け…

 今回もWWDC2018から見えてくるAppleの今後を考察。 

 派手さよりも「ユーザービリティー」をとったiOSに関しては以前に書かせていただきました。

 しかし,MacOSに関しては,iOS以上に地味な進化となりました。

 今回注目されたのは,iOSMacOSとの連携についてです。
 以前から,iPhoneでできることをMacでも…という観点で,OSレベルでの統合が噂されていました。しかしこの点に関してははっきりと「NO」という言葉が出ました。もちろん,今の段階ではということかもしれませんが。

 しかし,「アプリレベル」での連携といいますか,iOSアプリをMacに「移植」するという観点での「連携」は意欲的に進められるようです。
 まあ,使い勝手が向上する分に関してはいいことですが,「画期的な何か…」にはなり得ませんよね。

 個人的に注目するのは「ダークモード」一択です。
 iPadYouTubeも,ダークモード対応になってからはこればかり使っています。やはり,目の疲れ具合が違いますよね。

f:id:es60:20180609120455j:plain

 Macを使用する場合は,LG UltraFine 5K Displayに接続しての大画面での使用が多いので,これまで以上に大いに期待しているところです。

 Macに関しては,スマホと比較しても相当「枯れた」存在になっているわけで,そうそう「新たな」変化は起こるべくもないのですが,それにしても面白みがなかったかな?

 1つ救いだったのは,
Macの手書き入力化はない」
という言質が取れたこと。
「腕を垂直に仕手の入力は人間工学的に問題がある」
という内容の発言があったようで,これに関しては私も当ブログで繰り返し訴えてきたことです。

 Appleの姿勢に大賛成。

 

AppleWatchがますます生活の中に溶け込む!

 WatchOS5に関しては,大きな変化を遂げるようですね。
 今まで以上に,「自然に」使えるAppleWatchへと進化を遂げるようです。

 実際にAppleWatch3を使用している身として期待したいのは以下の点です。

 

①ワークアウトの自動検出

 ワークアウトを始めたはいいが切り忘れて延々とワークアウトアプリが動いていた…なんてことはよくあるのではないでしょうか?
 バッテリーが思った以上に減っていてドキリとして初めて気付く…という感じですかね。

 これらが自動で行われるのであれば,本当に生活の中に溶け込む機能として認知されそうです。

f:id:es60:20180609140727j:plain

 ちょっと心配なのは,別にワークアウト計測したくないのにいちいち計測するかどうか聞かれるような煩わしさがないかどうかという点です。
 ちょっと身体を動かし始めたら「計測しますか?」などと聞かれる? う〜ん,だいぶ煩わしい。このへんの塩梅が問題ですかね。

 

②通知,コントロールセンターのカスタマイズ

 新OSでは,通知のグループ化,管理方法などにおいて,かなり整理されるとともに,カスタマイズが可能となっているようです。これ,情報の垂れ流しにならないためにも相当重要な観点です。

f:id:es60:20180609143122j:plain

 また,コントロールセンターも,iOSのようにカスタマイズが可能になるとのこと。様々な自由が与えられるということは,OSの円熟味が増してきたということなのでしょう。期待です。

 

③文字盤の充実

 「Siri文字盤」が強化されるなど,時計としての文字盤機能強化に期待です。

f:id:es60:20180609141951j:plain

 特に,「サードパーティー製文字盤」への対応が噂されていますので,この機能だけは絶対に搭載していただきたい。

 以前にも書かせていただきましたが,純正の文字盤では,選択肢が少なすぎますし,「時計」として魅力的なものが殆どありません。Apple残念。

 もしサードパーティー製のものが解禁されるのであれば,「時計」という点にこだわった文字盤が登場するのは必然です。アナログ表示で魅力的なものが出てくるといいなあ…。

 

④Siri「ショートカット機能」

 iOS12の記事でも紹介しましたが,Siriの「ショートカット機能」に大注目です。

 どうしても特定の言い回しでないとうまく反応してくれない「Siriさん」。どうもうまく伝わらなくてイライラすることが非常に多かったのは,私だけでしょうか?

 自分だけの言い回しで,特定のアプリや機能が作動してくれれば…

 個人的にはかなり使用頻度が増えること間違いなしです。いちいちiPhoneを取り出すことが大幅に減りそうです。

f:id:es60:20180609132139j:plain

 問題は,どの程度のカスタマイズが可能かという点ですよね。思い通りに扱うことができるのであれば,Apple Watchの魅力が更に浸透していきそうな予感がします。

 

創生期から実用期へ

 どうやらWatchOSも,これまでの創生期から実用期への移行が始まりそうな予感がします。

 果たして,この日本でウエラブル端末の認知がどのように進んでいくのか?
 その鍵は明らかにAppleが握っていそうですね。

 

 

 

WWDC2018考② iOS12から考える「限界」と「可能性」

もう限界です! でも,だからこそ…

 前回は,「派手さ」が無かったWWDC2018から,Appleの覚悟が見えたということについて書かせていただきました。

 そう,これまでのように
「新OS発表のたびに驚くべき機能が登場して…」
という時代は終わったのです。
 もはやスマホタブレットは,「あって当然」という「枯れた」デバイスとなりました。

 ですから,ある意味では「もう限界」なのですが,Appleの解答はそれを超えて,よりユーザーに近づこうとするものでした。

 これまでは,
「ユーザー側が新機能を求めてAppleにすり寄っていたという構図」
だったのでは?

 今回は,Apple側が
Androidや多メーカーのデバイスとの違いは〇〇ですよ。どうかApple製品を使ってください。」
と,歩み寄ってきてくれたような感覚です。 

 バイスを使う人々の生き方,考え方を鑑みた企業方針を打ち出せるかという,新たな規準を打ち出したといってもいいのでないでしょうか?
 もしそうだとしたら,きっと今後はAppleの一人勝ち状態になっていくのかも…。あっ,低価格路線のAndroid機は除いて。

 

iOS12によるAppleからの歩み寄りとは?

 では,どんなところが「Appleからの歩み寄り」と言えるのでしょうか?考えていきましょう。

①旧機種でも不満無く使用できる

 数年前までのiOSでは,アップデートのたびに重くなり,それが原因で買い換えを考えなくてはならず,
Appleの戦略にはまってるなあ…」
と考えてしまったりしたものです。

 まあ,これは企業戦略としてはごくまっとうなものだと考えているのですが,最近のAppleはこの逆を行っていますよね。明らかに旧機種でも不自由なく使えるようになっています。これ,非常に不思議な感覚でした。
 私自身もiPadは「Air2」をバリバリ使っておりまして,私の使用方法では何の不満もありません。
 第3世代iPadのときは,アップデートのたびに遅くなっていくのが手に取るようにわかりましたので,えらい違いです。

 今回のiOS12では,なんとiPhone5sまでも生き残りです。

f:id:es60:20180609124559j:plain

 最長6年間現役ですよ!
 普通に考えれば,
Appleさん,儲けなくてもいいんですか?」
ということです。

 しかも,ただ単にアップデートできるということではなく,快適性も保障されるとのこと。これ,iOS11の様子を見ても,簡単に納得することができます。

 最近のAppleは,いたずらに新製品を開発するのではなく,旧機種の価格を下げ,現役騎機種として継続販売する戦略に出ています。
 それ故,旧機種でも快適に使用できる環境づくりは必須と考えたのでしょうが,それにしても6年間も使用を保障してくれるなんて素晴らしいことです。

 スマホタブレットが「枯れた」存在になってきているのであれば,しっかりと旧機種の手当もしてくれるというAppleの考え方そのものに諸手を挙げて賛成します。

 

②「劇的」ではないが先進性を「感じさせる」機能

 私がiOS12で個人的に評価しているのが,ものさしアプリ「Measure」と「Memoji」です。
 AR機能とFACEIDカメラ機能を活用したものですが,既存のMeasureアプリやBitmojiやGalaxyの「AR Emoji」に対抗し,かつそれらの機能を上回る付加価値を付けての登場です。

f:id:es60:20180609132035j:plain

 魅力的な「ちょっとだけ先進的な」機能を,iOS単独で活用できるのであれば,それに越したことはありませんよね。ユーザーの囲い込みという点でも,効果的な戦略だと考えます。

 

③既存機能のグレードアップ

 さらに,何気に期待しているのがSiriの「ショートカット機能」です。
 単純に検索機能に関しては,「Google先生」の後塵を拝しているようです。確かにGoogleの検索結果はかなり「OK」です。

 しかし,リマインダーや電話,メッセージなど,純正アプリでの活用を考えると,
「もっと使いやすくなったらどんどん使いたいのに…」
とも考えていました。

 実際,Apple Watchを使い出してからは使用頻度が増しましたし。でも,言葉の使い方でうまくいかないことも多く,イライラすることも多くありました。

 iOS12では,各機能を呼び出す言葉をカスタマイズして登録できるようになる「ショートカット機能」が搭載されるとのこと。これで「自分だけのSiri」を作り出せるようになれば,きっと使用頻度が大幅に増えそうな予感がします。

f:id:es60:20180609132139j:plain

 加えて,新WatchOSでは,腕を傾けるだけでSiriが起動するようになるとのこと…。
「もっとSiriを使って!」
というAppleからのメッセージが聞こえるようです。

 

より,「自分だけのデバイス」へ

 「Memoji」にしても「Siri」にしても,「自分だけの」という点がキモですよね。

 様々な機能はあるが,それを全部使うなんてことはもはやあり得ません。自分の使いたい機能を,自分なりにカスタマイズして,「自分だけのiPhone」「自分だけのiPad」として使えるように,というAppleからの提言なのだと思います。

 いいんじゃないですか? この考え方!

WWDC2018 「iPhoneSE2なし」はだいぶさみしいけれど…〜地に足を付けようとするAppleに好感〜

iPhoneSE2…出ませんでした…

 いや〜,期待していただけに残念でした。iPhoneSE2!

 「出る」と本気で思っていたんですけどね。アクセサリー情報がかなりありましたので。 

 さすがに徹夜はしませんでしたので,6/5の朝一でスマホを見ると…。トップニュースに「iPhoneSE2」の記事がなかった段階で悟りましたよ…。
「やはりハードはなかったな」
と。

 しかし,後になって冷静にWWDC2018の話題を見てみると,Appleが地に足を付けてこれからを進もうとする「覚悟」のようなものを感じました。
 これはこれでいいんじゃないでしょうか?

f:id:es60:20180609115123j:plain

 

「劇的変化」の時代は終わった

 では,WWDC2018で発表されたこととは?
 こちらの記事を参考に。

 どうやらテーマは「快適化」と「統合」ということになりそうです。

 特に「快適化」という観点からすると,これまでの「革新性」「劇的変化」の時代から変化の「量より質」というモードに完全に移行しようとするAppleの姿勢が見え隠れします。

 いや,「しようとする」というより「そうせざるを得ない」といったほうがいいでしょうか?

 そう,もうスマホタブレットなどの機器は「枯れた」デバイスになってしまったということです。
 どの機種を使ったって,そこそこのことはストレス無くできる時代です。数年前までは信じられないこと。一般的な観点でいえば,何も高いiPhoneを購入しなくてもいいのです。

 でもそれではAppleはおまんまの食い上げです。
 そこで力を入れようとしているのが,「使いやすさ」「安定性」「利便性」といったユーザービリティーなのでしょう。

 うがった見方をすれば,「これまでのユーザーをいかに逃がさないか」という「囲い込み」の考え方です。

 

 これは,もうひとつのテーマである「統合」にもいえること。
 これまでiOSでできていたことをMacで,あるいはその逆。
Apple製品を使っていれば,どんなデバイスでもストレス無く連携できますよ!」
という強みのアピールです。

 まあ,我々がApple製品を使い続ける理由の多くがここにあるわけですけどね。

 

だったらとことんユーザーを満足させてくれ!

Androidの製品も使ってみたいなあ」
と思うこともたまにはあるわけですよ。コストパフォーマンスに秀でた製品もたくさん出ているので。

 しかし,そこで考えるのは,
「メモやリマインダーのやり取りがすべてのデバイスでノンストレスに紐付けされる利便性を手放すのは…」
「Web上のPASSWORDなども自然と連携できているし…」
「音楽だって,どのデバイスでも同様に聴けるし…」
「ブログを書いていると,写真やリーディングリストの連携は必須だし…」
という,使っていく上での「心地よさ」何ですよね。

 「自然に連携している」ということの心地よさ,ノンストレスぶりが,Apple製品を使う上での強い動機となっているわけです。

 いくらAppleのブランド力があっても,性能がよくても,この部分がなくては浮気心も騒ぐでしょうし,また逆にこの連携があるからこそ多少高価でもApple製品を使いたいと思うわけです。

 

 今回の各OSの様子を見ると,地に足を付けて製品を提供しようとするAppleの覚悟が見えるような気がします。
 派手さはありませんが確実に進歩していますし,ユーザーの方をしっかりと見ているよう感じます。

f:id:es60:20180609120455j:plain

 ハード的にも,iPhoneは昨年度のiPhoneの仕様を広げていく地道なシーズンになりそうですし,Macも大幅な仕様変更はなく,噂されている13インチMacBookなどの「仕様変更」によってユーザーに寄り添うようです。

 

 それならば。今年は「使い勝手の面で」とことんユーザーを満足させる年にしてくださいね,Appleさん!