カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

秋田豪雨に思う…

秋田市でさえ都市機能麻痺…

 つい先日まで申し訳ありませんが「他人事」として捉えていた自分が恥ずかしい。

 先週末の秋田県豪雨。

 「大曲の花火」で有名な大仙市(だいせんし)で雄物川が氾濫したほか,下流域の秋田市でも限定的ですが冠水した場所がありました。

 

 幸い秋田市の中でも私の住んでいる地域は全く被害がなかったのですが,今朝,その被害の大きさを肌身で感じる事態が起きました。

 

勤務先まで3時間!

 秋田県民の通勤の足はなんといっても自家用車です。
 おそらく,都市部の方々には分からないほどの車社会。車がなければ自由がきかないといってもいいくらいです。

 私,自宅から通常であれば25分ほどの勤務先に自家用車通勤しているのですが,本日,「3時間」かかりました。

 

 秋田市内の大動脈である国道13号線が寸断。外周をまわる雄物川沿いの道も殆ど車が進まず…といった状況で,秋田市内中が大混乱となりました。

 動かない車の中から,アポのあった方々に電話して事情を伝え,予定をずらしていただいたのですが,それでもギリギリの時間に到着したといった感じで,本当に肝を冷やしました。

 電車等の公共機関が動かないもの困りますが,自家用車が動かないのも困りもの。
 先が全く見えませんし,全くの孤独です。
 途中からは,
「おれ,この秋田で何さまよってんだろう」
「おれ,3時間もかけて一体どこに出勤しようとしてるんだろう」
と,なんだかおかしくなってきました。

f:id:es60:20170724210618j:plain

f:id:es60:20170724211311j:plain

 Twitterから拝借したものですが,上が国道13号。下がそれを迂回した車の列です。もうどうにもこうにもならない地獄の時間でした。

 

「限定的被害」と行政の無力

 今回の件でまず考えたのは,「限定的被害」という意味合いです。

 秋田市内に限っていえば正に被害は「限定的」だったわけですが,その場所が大動脈だったり,今回のようにその迂回路となるべき箇所も被害に遭っていたりすると,被害を被る状況が連鎖的に広がります。

 しかし今回の秋田市の場合は,違うルートを辿っていればそれほど混雑せずに目的地まで行けていたという情報をあとになってつかみました。自分の「選択ミス」なのですが,私の周囲の「選択ミスをした人の群れ」を思うと,何かむなしくなってきました。

 

 しかし,熊本や大分の方々の被害状況では,このような「選択の余地」も無いわけで…今更ながらその被害の大きさを痛感するところです。

 

 また,このような限定的な被害であっても,秋田市の対応は無力でした。今朝の渋滞にしても,もっと明確に通行止めを掛けることができれば車列が続くという最悪の状態は避けられたはず。住民が情報をつかむことができないのです。これだけ情報網の広がった時代でもです…

 おそらく,もっと上手に市民に情報を伝達する手段はあったはず。市,警察,消防等がそれぞれの分野でいかに効率よく,適切に情報を発信し,適切に伝えることができるかが,「災害に強い自治体づくり」に欠かせないと痛感しました。

 

 さてさて,明日の朝はどの道を通って通勤するかな…

「コードブルー3rdSEASON」の一人勝ち?〜2017 7〜9月期ドラマ 異変あり!〜

安定の「コードブルー3rdSEASON」,それ意外は…

 2017年度の7〜9月期ドラマがスタートしました。 

 安定の「コードブルー3rdSEASON」。でもそれ以外は…

 

 

 …見応え感のあるドラマが少ないように感じませんか?

 「骨太感」のある社会派ドラマ,「引き込まれるような」恋愛ドラマ,「ジェットコースターのように翻弄される」サスペンスドラマ…今期は少々物足りない印象です。

 

期待通りは「コードブルー」,おまけして「愛してたって,秘密はある。」「黒革の手帖

 ここまで唯一「期待どおり」と太鼓判を押せるのは「コードブルー3rdSEASON」です。

f:id:es60:20170722131049p:plain

 初回は,メインとなる5人が,経験を重ねることで仕事に自信を深め,責任ある仕事をしている様子が描かれました。また,その演技からは,俳優としての5人それぞれの成長が感じられ,「シリーズ化」されているドラマだからこそ感じられる「歴史」を感じることができました。

 特に成長を感じたのは新垣結衣さんです。真面目な性格と仕事ぶりを評価され,現場を仕切るチーフとして活躍する「白石 恵」。
 初回で描かれた祭りの事故現場での仕切りも,これまでの白石だったら出ていたであろう「迷い」はなく,縦横無尽の活躍ぶり。

 しかし,人員不足解消のために山P演じる「藍沢 耕作」に救急救命に戻るように伝える際にはぐだぐだに…

f:id:es60:20170722131004p:plain

f:id:es60:20170722131214p:plain

 押しの弱さという「個としての個性」の描き方はそのままに,仕事面では自信をつけている様子をごく自然に描こうとする脚本と,それを見事に演じ切った新垣さん。おそらくSEASON1・2では,このような演技はまだ難しかったのではないかと思います。

 「演技の力感」が出てきたとでもいうのでしょうか…最近の新垣さん,急成長を遂げているように感じます。

f:id:es60:20170722131027p:plain

 逆に山Pは,前シリーズでも感じていた「重厚感」「深み」の不足から脱却できていないように感じました。

 自分の気持ちをなかなか素直に表現できない藍沢。「その内面」を描き切れていないのです。「ただブスッとしている」というところからどれだけ脱却できるかが,今後のドラマ全体の深まりに大きく影響していくと思われますので,山下さんは頑張りどころだと思います。

しかし,初回終盤に(シークは別々でしたが)互いを認め合う台詞がありましたね。

白石「どこにいたって,あなたは絶対命から逃げない。」

藍沢(救急救命に戻ってきた理由を問われて)「お前がいるから…」

 認め合う2人。これからどのように交わっていくのか,楽しみです。 

 

「愛してたって,秘密はある。」は今後の脚本次第

 今期の数少ない「サスペンスもの」で期待できるのは「愛してたって,秘密はある」でしょうか。

f:id:es60:20170722134454j:plain

 「父殺し」という過去をひた隠しながらも成功を収めつつある「奥森 黎」を演じる福士蒼汰さん。その婚約者で検察のお偉いさんを父にもつ「立花 爽」を演じる川口春奈さん。どちらも今が旬の俳優さんの演技がとても瑞々しい。

 注文を付けるとすれば,どちらもやや演技の「深み」が足りない気がします。

 福士さんは,過去の犯罪を抱える闇の深さと不安感をより重厚に表現していく必要があると感じます。
 川口さんは,何不自由無い恵まれた環境で育ってきたお嬢様を好演していましたが,やや一本調子の面あり。今後の黎のトラブルにさいし,どれだけふさわしい演技ができるかが鍵になりそうです。

f:id:es60:20170722134506j:plain

 それだけに,主演の二人の演技はもちろんのこと,「脚本」の影響力は非常に大きいと感じます。観ている者を引きつけるような脚本が書ければ,若い2人が「乗ってくる」ということも考えられますね。

 おや,このドラマ,企画・原案がむ秋元康さんなんですね。脚本の桑村さや香さん,頑張ってください。期待しています。

 

「ごめん,愛してる」の今後が気になる

 「ごめん,愛してる」に関しては,ちょっと意外でした。

 どこが?というと,もっとミステリータッチの作品かと想像していたからです。意に反して「ヒューマン系」でしたね。

 TBSのヒューマン系といえば,「わたしを離さないで」が思い浮かぶのですが,あの作品,あまりにテーマが重すぎて見ていてつらくなる部分があったんですよね。

 本作はそこまでは行かないものの,「報われない愛情」を求めていく2人が…という展開ですし,最終的には長瀬さん演じる「岡崎 律」が死んでしまうことが決定しています。どこに救いを求めればいいのか…今後の脚本が非常に気がかりです。

 気がかり…といえば,ヒロイン三田 凜華を演じる吉岡里帆さん。どうも魅力を発揮できていないように思えるのですが…。なぜなんでしょうか? 今のままでは,
「別に吉岡さんじゃなくてもいいんじゃないの?」
という声が上がりそうでもったいない。

f:id:es60:20170722140103j:plain

 もう少し癖のある役でないと生かされない女優さんなのかどうか。これ,吉岡さんにとって結構頑張りどころなのかもしれません。

 

結構なすごみを演じる「黒川の手帖」武井咲さん

 ドラマが始まるまで,
武井咲さんがこの役を演じきることができるかな?」
と感じていた「黒川の手帖」。

 意外とすごみを出して演じていたと思いませんか? 武井さん。f:id:es60:20170723162838p:plain

f:id:es60:20170723162846p:plain

f:id:es60:20170723162855p:plain

 やはり演技力が付いてきていますね。この作品を最後まで演じ切ることで,更に実力を高めてほしいと願っています。さてさて,どのような「原口元子」を演じるのか…楽しみです。

 

 

iPhone8,iPhone7s・7sPlusの発売情報キター!

そう,意外と「すぐ」なんです…

 7月下旬のこの時期… 

 そう,9月上旬〜中旬の新型iPhoneの発表まで,意外と日が無いんですよね。

 まあ,iPhone7もちの私は今年のiPhoneは「見送り」なわけですが,機種変の年のこの頃になると,
「もう1ヶ月半しかないやん!」
となるわけです。

 そんな中,ついに来ましたよ。新型iPhoneの「発表・発売」の情報!

 

恒例の発表・発売時期,問題は価格?

f:id:es60:20170722115701j:plain

 上記の写真を見ても,外観,表面上のディスプレイはこれまでの情報通りに開発が進んでいるようですね。

 問題は情報が錯綜する「TouchID問題」でしょうか。いったいどうしてこんなに情報が定まらないんでしょうかね?情報漏洩を抑えられなくなってきた最近ではなかなか珍しい状況になっています。

 まあ,その問題は置いておいて,肝心の情報は…

f:id:es60:20170722120010j:plain

f:id:es60:20170722120036j:plain

 新型機は「64㎇」「256㎇」の展開になりそうですね。

 ストレージ量が必要な方にとっては「256㎇」というのは朗報かもしれません。しかし値段がね〜。2017年型のMacBook Proも大幅に価格が上昇しましたので,今回のiPhoneでも価格上昇が見込まれます

 これ,私のように厳しい状況の中から経費を捻出しているものにとっては結構大きいと考えます。私は現在32㎇で使用していますが,さすがにストレージ量はキツキツです。
 それでもどうにかなっているのは,iCloudにデータを逃がしていること,音楽はAK120Ⅱで聴いているために音楽データを入れていないことによるものです。今の時点で自分が購入するとなると「7sの64㎇」ということになるのかなあ。

 

 発表時期に関しては「いつもどおり」ということですね。発表から10日かもう1週間かかるか…ユーザーからすると少しでも速く届けて欲しいところですが…

 ところで,「iPhone8」の発表・発売時期,皆さんはこの通りに行くと思いますか?私は,
「絶対無理」
だと思います。仮にスケジュールどおりにAppleが行ったとしても,iPhone7のジェットブラックのように,普通に手に入るようになるには数ヶ月単位の遅れが出るのは見え見えです。だったら潔く発売を送らせた方がいいと思うんですけどね〜。
 この辺についてはAppleにも学習してもらわなくてはなりません。

 

13万円の端末の評価は?

 さて,13万円の端末は売れるのか?

f:id:es60:20170613184603j:plain

f:id:es60:20170603145746j:plain

 まあ,売れるでしょう。飛ぶように。「最新」「品薄」等の付加価値を求めるユーザーは日本には多いように思います。

 私は買えませんし買いません。

 現在の,「格安のスマホでもできることはそれほど変わらない」というところまで成熟したスマホ情勢の中,高価格のプレミアモデルに飛びつくことは得策ではないと考えますし,それくらいだったら「大容量のプランで契約する」「格安SIMから大手キャリアに変えて通信品質を向上させる」など,もっと目を向けるべき事象があると考えるからです。

 私は来年の「普及価格帯iPhoneの小さい画面の方」に機種変することになると思っています。さて,それはiPhone9なの? そもそも今年発表されるプレミアモデルは「iPhone8」でいいの?

 以前にも書かせていただきましたが,プレミアモデルには「iPhone Pro」のような別名を冠した方がいいと考えるのですが…

Y!mobile iPhoneのテザリングを解放!

今までテザリングできなかったんですね…

 Y!mobileSIMフリーiPhoneテザリングができるようになるというニュースが来ています。

 逆に,今までできなかったんですね。

 以前あった「auテザリング料金問題」もそうですが,やはり「テザリング」って,鬼門なんですね。

 

んっ? 果たして誰が得するのかな? 

 ちょっと気になって料金を調べてみたのですが,これ,誰が得するんでしょうかね?

 

f:id:es60:20170720194344j:plain

 「安い」というイメージのY!mobileですが,7㎇のプランだと,結構な値段がするんですよね。データ量倍増サービスも新規加入者2年限定ですし,基本料金の1000円割引も1年切りです。

 これにiPhone7等の端末料金が加算されると,メリットがなさそうなのですが…

 しかも大手キャリアのような「大容量プラン」はありませんし,大手のテザリングオプション料金も現在無料。おそらく来年4月以降も「無料」となる公算大です。

 

 とすると,同一の端末を2年以上継続して使用する方にしかメリットがないように感じます。
 これまでの主流であった「2年ごとに最新端末に買い換える」というユーザーにとっては残念な話。もっと値頃感があるプランを発表しないとやっていけないんじゃないですか? Y!mobileさん!

 

 特に日本におけるiPhone利用に関しては,「新しい端末」にこだわるユーザーが多いでしょうからね。

iPhone8 電源ボタン内蔵型TouchID?

げげっ! 第4候補現る

 iPhone8最大の壁となっているような「TouchID」問題。

 以前にも,「TouchID内蔵ディスプレー」「背面TouchID」「顔認証システム」等の情報で揺れてきたことについてはお知らせしてきました。

 しかし,ここに来て 「第4候補」とも言える情報が流れてきました。

「iPhone 8」のTouch IDは電源ボタンに統合される、Forbesが言及 | iPod LOVE

 なんと今度は「電源ボタン内蔵型TouchID」です。

 

いきなりAndroidの手法はないと思うが…

 この「電源ボタン内蔵型TouchID」というのは,Android機によく採用される方式ですね。

 本当に採用される見込みはあるのでしょうか?私は「無い」と考えます。

 そもそも今回の情報の根拠となっているのが,Appleが2015年に申請した特許のようです。

f:id:es60:20170720191319j:plain

 この図を見ても,まだ電源ボタンが本体右上にあった時代のものです。

 ではなぜこの時期にこの手の噂が出てきたのかと記事を読むと,
「iPhone8では電源ボタンが細長くなる」
ということから来ているようですね。

f:id:es60:20170720191454j:plain

 細長くすることで,その分「TouchID」を埋め込むという論理のようです。

 どうでしょうかねえ。先ほども書きましたが,AppleがいきなりAndroid機の後追いをするとは私は思えないのですが…
 そんなことをしたらAppleの尊厳に関わる…とAppleの社風からすると考えるように思えるんですがね。いや,そう思って欲しいなあ。

 

 なんせ,今回のTouchIDの騒動は,
「TouchID内蔵ディスプレーの歩止まりの悪さ」
という技術的な問題から来ているようですので,「技術的に足りなかったから妥協する」という最悪の展開にはなって欲しくないと願っているところです。

上白石萌音さんの「and…」を聴いて考える「声の生かし方」

上白石萌音さんの1stオリジナルアルバム「and…」

 前作「chouchou」では,その「天使の歌声」とも言える透明感のある歌声で衝撃を与えた上白石萌音さん。

 その声質の透明感を最大限に生かすために,前作で選択された曲はアカペラを初めとして,どれもスローでアコースティックなものばかりでした。

 息づかいまでも聞こえるような歌声に大いに感動したものです。

 さて,真価が問われる初のオリジナルアルバム「and…」。その内容は?
 あくまでも私見ですが,評価していきたいと思います。

 

方向性が見えない…

 前作は,たぐいまれな「声の透明感」を前面に出そうとした構成になっており,それが功を奏しました。

 まあ,単に「声質がいい」等の魅力をもった歌手はいくらでもいるわけで,アコースティックに振り切った制作側の「作戦勝ち」という面が強いわけです。

 また,「君の名は。」での注目度が高かったこと,RADWIMPSの「なんでもないや」のカバーがとんでもなく上白石さんにフィットしていたことなど,数々の好条件が重なっていました。

 

 しかし,新作「and…」を聴くと…

f:id:es60:20170717124450j:plain

 確かに歌は上手ですし,声の透明感も見事です。しかし,なぜか前作ほど感情移入できないのです。何か歌わされている感じがするんですよね。

 

 理由を考えてみました。

①「and…」では,ミディアムテンポの曲が増えたこと

②バックの演奏が「やかましく」なったこと

③「歌詞」が本人にフィットしていない曲があること(表面的すぎて浸みてこない) 

 

 個人的にですが,彼女の声は「しっとり」聴きたいのです。もちろんそれだけでは幅が広がらないということなのでしょうが,それにしても「ドラマ性」を感じることができない曲が多いような気がします。ここが「歌わされている感じ」ということに繋がるのでしょう。

 上記の①②についていえば,
「そこら辺にいくらでもある曲」
に聴こえてしまいますし,
「彼女にぴったり!」
という前作で感じた「フィット感」「ぴったり感」がないんですよ。

 ③も含めて,
「歌が上手な人であれば誰が歌っても同じじゃない?」
と感じてしまうのです…

 

 上白石萌音というシンガーをどのように生かそうかという明確な「方向性」が感じられないというのが一番かもしれません。
 しかも,おそらく制作側はその点を「分かったつもり」になっているのではないかということが気がかりです。

 このように感じたのは私だけでしょうかね?

 

唯一無二を目指して欲しい

 ちょっと辛口になってしまいますが,それだけ彼女に期待しているということです。

 女優さんで歌手としての確固たる地位を占めたということで頭に浮かぶのは今井美樹さん」です。逆に,歌唱力はありながら今ひとつ独自の世界観を生み出せないままだったと思うのは松たか子」さん
 この差,皆さんには伝わるでしょうか?

 今井美樹さんの歌の特徴は,「PRIDE」に代表されるように背筋がしゅんとしていてストレートに感情を歌い上げるところでしょう。それが今井さんの正統派の歌い方や透き通った歌声にフィットしたのです。

f:id:es60:20170717132840j:plain

 松さんは,今井さん同様正統派であるものの,その声質や独特の甘さが残る表現が魅力でした。私は,その「甘さ」をもっと生かした曲選択をしていけばもっともっと歌手として評価されたのではないかと考えています。

f:id:es60:20170717132851j:plain

 

 上白石萌音さんには,今井美樹さんのように「独自の絶対的な世界観」をもつことのできるシンガーになってほしいと願っています。また,そうならないときっと「歌のうまい女優さん」で終わってしまうような気がしてなりません。

 彼女だけの「世界観」って何でしょうね。私は,とことんスローでアコースティックな曲にこだわってもいいのではないかと感じます。今回作詞も担当した彼女ですが,もっと等身大の詩の内容でもいいのでは…それを浸みるような彼女の歌声で聴くことができたら,聴くものはきっと心が奪われることでしょう。

 

 いずれにせよ,次作が彼女にとっての正念場だと感じます。ぜひ「生き残って」欲しいなあ…

Beats Xのイヤピースを変えてみた〜SONY ハイブリッドイヤーピースLLサイズ〜

Beats X なかなかいいですね!

 Cafe等の外出用の使用を想定して購入した「Beats X」。

 本日スタバにてCafeデビューしてきました。

f:id:es60:20170717184718j:plain

 一番の関心事であった「遮音性」についていえば,バッチリですね。もちろん「完璧に」というわけではありませんが,一旦曲が流れてしまえば店内の喧噪も殆ど気になりません。私,この点については相当神経質な方だと自負(?)しておりますので,殆どの方が遮音性に関しては満足できるレベルだと考えます。

 ところで,本日の話題は「イヤピース」についてです。
 私は付属の「Lサイズ」を使用してきたのですが,音質的にはこれでも十分でした。以前のブログでも書きましたが,このBeats Xは所謂「ビーツサウンド」とは異なり,結構な「フラット」です。解像度等についてもこの値段にしては満足のいくもの。

 標準で満足できているという安心感から,
「他のイヤピースも試してみようかな…」
という気持ちもわいてきましたので,とりあえず「有名どころ」を試してみることにしました。SONYの「ハイブリッドイヤピースLL」です。

 

えっ! Beats XのLサイズの方が大きいの?

 SONYのイヤピースに関しては,以前「MDR-EX1000」を使用していた際に使用していたので大体の感覚は分かっていました。また,Beats Xでは「Lサイズ」をやや浮かし気味に耳に入れ低音の量を調整していること,その際ややはずれやすいことを考え,「LLサイズ」を発注しました。

 

 届いたSONYのイヤピースを見て驚いたのは,
SONYのLLサイズの方が小さい。」
ということ。さすがBeatsはアメリカンサイズ?

 左がBeats X,右がSONYです。ねっ,結構違うでしょ?

f:id:es60:20170717184951j:plain

f:id:es60:20170717184941j:plain

 

 装着感は,「やや小さい」ということで,SONY製の方がBeats XのLサイズよりもやや奥まで差し込むことができます。そのためか「落ちやすい」という感覚も薄れ,装着感に関してはBeats X純正のものよりも良好です。(あくまでも私の耳にはということです)

 

肝心の音への影響は?

 肝心の音への影響は?

 傾向は同じですが,明らかに変化がありました。

SONYハイブリッドイヤーピース
→低音がやや弱い。中・高音域は伸びる。女性ヴォーカルなどでは映える。反面やや線が細い印象。王道モニターサウンド的。遮音性は結構落ちる(それでもまずまず)。

→何か「MDR-EX1000」と非常に似ている音質でした。もちろん解像度等別物なのですが,傾向が非常に似ています。

 

 ◇Beats X純正
→低音に厚みが出る。中・高音も聴き取りにくいわけではない。低音寄りフラット。リスニング傾向の聞きやすい音。遮音性高し。

 

 とまあ,こんな具合です。
 しかし言えるのは,
「どちらが優れているという訳ではない」
ということ。

 このような場合,得てして優劣が付きやすいのですが,Beats Xの場合は,どちらにもそれぞれの味があるんですよね。

 今日聴いたところですと,

・ヴォーカルの透明さを楽しみたい上白石萌音さんの「and…」であればSONYを,

f:id:es60:20170717124450j:plain

・ジャズ要素があり女性としては低音寄りのハスキーヴォイスを楽しみたい藤原さくらさんの「PLAY」であればBeats純正を選びたくなりました。

f:id:es60:20170717190244j:plain

 

やっぱりAK120Ⅱの音がいい…

 それでですね,今日も試してみたんですよ。iPhone7とAK120Ⅱでの音質比較。

 やっぱりAK120Ⅱの方がダントツでいいわけでして…特に解像度と中・高音の張り,全体の定位感。

 BLUETOOTHによる音源の圧縮というよりも(AK120ⅡにはWAVで入れていますが,BLUETOOTHで飛ばす際には自動で圧縮されるんですよね?),やはりDACKの品質やオーディオ機器としての基礎体力といったDAP本来の素性によるものなのでしょうかね?

 それにしても,無線,圧縮音源という状況下でこれ程までに音質が変わってくるものなのだろうかと未だに疑問です。