カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

SONY ノイズキャンセリング機能搭載イヤホン,ヘッドホン「WH-1000XM2」「WF-1000X」発表

SONYから「ノイズキャンセリング機能」製品一斉放出!

 先日は「Beats Studio3」に関する記事を書きましたが,今度はSONYからも…

 昨年は「WH-1000X」を発表して,「ノイキャン=BOSE」という業界の風潮に一石を投じたSONY。今年度はその第2弾を始め,意欲的な製品群を発売するようです。

 実に様々な商品が発表されたのですが,ここではその中から3機種に絞って紹介していきたいと思います。

 

「WH-1000X」の後継機,「WH-1000XM2」

 やはり一番の注目はこれでしょう。これまでのノイズキャンセリング機能を引っ張ってきたBOSE製品を脅かすことになった「WH-1000X」は,そのノイキャン性能のみでなく,高音質という点についても高評価を得ました。(私は異論を唱えたいのですが,それは後述)その後継機ということで否が応でも期待が高まりますね。

f:id:es60:20170910144005j:plain

f:id:es60:20170910144017j:plain

 個人的には音質向上がどの程度図られているのかに注目です。

 

完全ワイヤレス化「WF-1000X」〜AirPodsに対抗〜

 お次は完全ワイヤレス化の製品の「WF-1000X」。

f:id:es60:20170910145033j:plain

f:id:es60:20170910145042j:plain


 AppleAirPods同様の製品として,満を持しての発表のはずです。
 ケースでの2回分の充電はできるものの,「3.5時間」という駆動時間はやや短いか?ノイキャンに関しては,ユーザーに行動を分析して自動でモードを切り替えるのだそうで…

f:id:es60:20170910144814j:plain

 どんな具合になるのでしょうか。

 

ネックバンド型ノイキャンイヤホン「WI-1000X」

 ゼンハイザーなどからも発売されている「ネックハンド型」のイヤホンも発売ですね。しかもノイキャン機能搭載です。

f:id:es60:20170910145102j:plain

f:id:es60:20170910145113j:plain

 BAとダイナミックのドライバーを搭載したハイブリッド型とのこと。私が使用している「BeatsX」も,これ程太いネックバンドではありませんが,同型式といえましょう。「BeatsX」は,ケーブルが長すぎて据わりが悪いのですが,こちらの製品はそんなことがなさそうにも思えます。実際の使用感が気になりますね。

 

問題は音質です!

 と,紹介して参りました。「Beats Studio3」の紹介の際にも書かせていただきましたが,「大事なのは音質」です。

 昨年のモデル「WH-1000X」は,一般的には「高音質」と評価されていますが,私が実際に聴いたところは最悪の音質です。現状,高いノイキャン性能と高音質は両立できないのではないかと考えています。また,肝心のノイキャン性能に関しても,到底満足できる基準ではないということはこれまでも書かせていただいております。 

 「MH-1000XM2」が,これまでの常識を越えるほどの「ノイキャンと高音質のバランス化」を図った機種であれば,きっと「名機」と評される機種になることでしょう。

 …まあ,無理だとは思うのですがね。

 その他の2機種についても,懸念されるのは「ノイキャン機」だということです。もちろんまだ聴いていないのですが,結局「BeatsX」の方がダントツで高音質だし音を流したらノイキャンなんて意味ないよ…という結末にならなければいいのですが…

 

 

 

 

 

 

 

iOS11「勝手にWi-FiがONに?」〜Wi-Fi,BLUETOOTHの接続概念が変化〜

おやっ,勝手にWi-FiがONになっている…

 iOS11にアップデートした翌朝,iPhone7のWi-Fiが「ON」になっていました。
「? 昨日アップデートしたあと,切り替え忘れたかな?」
と思ったのですが,新しくなったコントロールパネルから,確かに切断した覚えがあったので不思議な気持ちに。

f:id:es60:20170923124744j:plain

 すると,その翌朝も同様のことが…
 私は,基本的に家の中でも「LTE」を使用し,通信量が大きくなりそうなときにWi-Fiに切り替えるという使い方をしています。よく「Wi-Fiでの待機時の方がバッテリーの減りが少ない」という話を聞くのですが,私は明らかに「LTEでの待機時の方が少ない」と感じているからです。

 気になって調べてみると,iOS11で意外な仕様変更がされていることが分かりました。

iOS 11でWiFiが勝手にオンになる・切れないトラブルの報告。不具合ではなく仕様変更が原因 | スマホ評価・不具合ニュース

 

コントロールセンターでの切替は「切断」ではなく「未接続(待機)状態」〜そして勝手に「ON」〜

 この記事によると,「コントロールパネル」でWi-FiBLUETOOTHの切替は,「切断(OFF)」になるのではなく「未接続(待機)」状態になるだけとのこと。

 つまり,以前のように完全に「OFF」にしたい場合は,これまで同様「設定」→「Wi-Fi」へと移行してから「OFF」をタップしなくてはならないようです。

 また,コントロールパネルから「待機」状態になっていると,翌日の「午前5時」に自動的に「ON」になるそうで…これってどうなんでしょう。はっきり言ってありがた迷惑なんですが…

f:id:es60:20170923124802j:plain

 コントロールパネルで接続状態を確かめるための見方ですが,上の写真を参照にして,
・青く点灯していれば「接続状態」
・グレーは「待機状態」
・白斜線は「OFF状態」
ということのようです。

 実際,「待機状態」として使用していた2日間は,バッテリーの減りが早かったような違和感がありました。 
 iOS11にアップデートしてから「バッテリーの減りが早くなった」というネット上の声もありますので,そんな方は「Wi-Fi」「BLUETOOTH」の接続状態を確かめてみることをお薦めいたします。

 

小桜インコの「さくら」・気になる眼鏡で遊んでみた

とにかく「顔付近」が気になってしょうがありません

 8月から飼い始めた小桜インコの「さくら」。

 どうしても「手」が苦手なので肩に上りたがるのですが,そうすると「顔」が気になります。

 すると眼鏡も気になります(笑)。 

 ということで,「お好きなように」と古い眼鏡を与えてみました。

f:id:es60:20170923175027p:plain

 でもやっぱり,「顔に乗っかっている」眼鏡のほうが好きなようです。


小桜インコの「さくら」・気になる眼鏡で遊んでみた

iPhoneXよりもiPhone8のほうが高性能!〜ささやかな下克上が面白い〜

iPhone8ユーザーはちょっとけ溜飲を下げたかも…

 いよいよ発売されたiPhone8・8s。「本命」の「X」発売まではもう少しですが,搭載される「A11Bionic」の性能に関して,興味深い記事を見つけました。

f:id:es60:20170923115817j:plain

「iPhone X」よりも「iPhone 8」の方がマシンパフォーマンスがほんの少し高い!? | iPod LOVE

 なんと,「プレミアモデル」的扱いのiPhoneXよりも,iPhone8・8sのほうが性能が高いというのです。
 具体的に見てみると…

f:id:es60:20170923120038j:plain

f:id:es60:20170923120047j:plain

 すべてのデータで「iPhone8」がトップとなっています。もちろんその差はわずかなわけですが,「X」を狙っている方々はちょっと意外なデータだったのではないでしょうか?

 これ,有機液晶の表示関係なのでしょうかね? はたまた顔認証関連の何かとか?
 それ以外は「Xと8」の内部的な違いは無いはずですので,なかなか興味深いですね。

 その他の端末との比較データも載っていました。

f:id:es60:20170923120438j:plain

 おやっ,こうやってグラフ比較をすると,「700以上」という数値の違いは結構なようにも思えます。まあ,体感できるほどではないでしょうが…

 

それにしても「A11Bionic」ってすごい!

 「A11Bionic」のすさまじさに関しては,以前に書かせていただきました。

 データ他を比較してみるとの「飛躍ぶり」には驚きますし,「Mac以上」といわれる性能の「絶対値」を考えると更に驚愕です。

 iOS11になって,私のiPhone7の動作が「半歩ほど」のタイムラグが生じるようになった気がしています。iPhone8ではそのようなこともないんだろうなあと考えると,日進月歩のこの世界の現実を感じさせられます。

f:id:es60:20170923121434j:plain

 しかし!恐る恐るiOS11にアップデートした「iPadAir2」は,これまでと動作が変わりありません
「使い物になら無くなるかもなあ…」
と危惧していたので,こちらはうれしい誤算です。意外と「懐が深い」。iOS11って,そんなOSなのかもしれませんね。

 

AppleWatchSeries3「22日受け取りならず…」物理的に不可能な地方の現実!

AppleWatchSeries3「22日受け取りならず…」

 AppleWatchSeries3を予約したことは以前にお知らせしました。

 いろいろありましたが予約確認メールが「16:17」付けで来ていましたので,正直「なんとかなるだろう」と考えていましたが,初日ゲットならず…

 様々な状況を考えると,どう頑張っても秋田の田舎では店舗経由でゲットできなかったのではないかという哀しき現実が見えてきました。

f:id:es60:20170916141819j:plain

 そこからは,「予約確定順にお届け」という大義名分からは大きくかけ離れた「パワーバランス」が存在していることが分かってきました。

 

秋田市で唯一の取扱店舗「auショップ広面」の実態

 以前にもご紹介しましたが,秋田市での「店舗受け取り」の選択肢は,「auショップ広面店」のみ。たった一件のみです。ネット上からの受付も1店舗のみでしたし,いつもiPhone8を購入しているヤマダ電機に本日出向いて確認しましたが,
「Cellular版は,取り扱いそのものがありません。」
という返答。

 つまり,
秋田市に住んでいる以上,手に入れるにはAppleStoreから直接購入,ヨドバシ等の首都圏大手から直接購入,auショップ広面店で購入」の三つしか選択肢が無いことになります。

 今回は,AppleWatchSeries3のキャリアとの紐付け関係で,「購入店舗で直接手続きをしたい」という思いから,初めてキャリアのショップでの予約を試みたのです。

 

 現実から書きます。

9/20 商品の入荷状況を電話で確認。
   いつ,どのくらいの数量が入ってくるか全く見当が付かないとのこと。
   この時点で「3件」の予約があるとのこと。…たった3件。さすが秋田です。

→ iPhoneヤマダ電機で購入するときには,二日程前には「確約」の電話があります。auショップ広面店の話では,今回だけではなく,またAppleWatchに関わらず,iPhoneに関しても毎年このような状況だといいます。驚いてしまいました。何のためのキャリアショップですか!

9/21 再度確認の電話。
   38㎜だけ入ってきたとのこと。数量は未確認。

9/22 入荷の連絡無し。無念…

 と,ここで申し上げたいのが,
auショップ広面店では,この店が秋田市唯一のAppleWatchSeries3取扱店であるという事実を店員自体が知らなかった」
という衝撃の事実です。
 ちなみに,22日に聞いたヤマダ電機の店員さんは知っていました。

 何でしょう,このキャリアショップの不勉強さ加減。怒り心頭です。電話していても,どうもこちらの話とかみ合わず,神経を逆なでするような刺激的な返答が多かったんですよね。

 これに対してヤマダ電機さんのような大きい店の店員は知識もマナーも格段に上のような気がします。
 しかし,ヤマダ電機さんでの話で,
「どうあがいても秋田市での店舗受け取りはできなかったのだ」
ということが分かり,少しだけ納得することができました。

 

予約順? 嘘がばれましたね!

 これもヤマダ電機の店員さんの話。

秋田県全体の割り振り数が決まり,そこから各店舗に振り分けられる」
とのこと。

 ??? それって,「予約順じゃないって事ですよね。」
 だって地域ごとに枠が決まっているのですから…

 これまではヤマダ電機のように大規模の店舗でしか購入経験が無かったので実感していなかったのですが,やはり大人の事情が働いているのです。残念ですね〜。あれだけ「予約順」を強調しておきながら…

f:id:es60:20170916141623j:plain

 

42㎜は秋田市に1個も入荷せず? 種類によっては在庫そのものがない?

 ということで,どうやら今回のAppleWatchSeries3,42㎜は1個も入荷していなさそうですね。なかなかすごい現実です。どんだけ力が無いんだよ,地方のキャリアショップ。納得できないなあ〜。

 また,下のような興味深い記事も見つけました。

 この方の情報によると,「42㎜のステンレススチールケース」を「16:02」には予約完了したのにもかかわらず,発送予定日が「9/26〜28」になっていたとのこと。
 つまり,最初から在庫がなかったということのようです。

 なんだよそれ,だったらしっかり明記しろよ!…と,この怒りをどこにぶつければいいのか,少々戸惑っている現在の私です。

 いずれにせよ,学習しました。
「キャリアショップで予約してはいけない!」
 特に地方の方,それぞれで工夫していかなくてはならないようですね。

 さて,いつ届くんでしょうね?

 

 

au「フラットプラン」をiPhoneに適用させると…ホントにこの値段?

au「フラットプラン」iPhoneにも適用!

 以前発表され,「iPhoneへの適用は検討中」とされてきたauの「ピタットプラン」「フラットプラン」が,iPhoneに適用されることが決定しましたね。

 同時に,購入時の端末代金をこれまでの24回から48回へと換算し,25ヶ月以降に機種変更した場合にそれ以降の代金を免除するという「アップグレードプログラムEX」も発表され,2年で機種変という一般的利用者にとっては「実質半額」ともいえるプランを提案しました。これ,結構エグくないですか?

f:id:es60:20170917142604j:plain

f:id:es60:20170917142801j:plain

 

えっ,ホント? こんなに安くなる?

 私,iPhone7持ちですので,今年の買い換えはないのですが,「新料金プラン」ということで気になって,以下の条件で料金シミュレーションしてみました。
 ※2年での機種変を想定して下取り機種を「iPhone6s」にして計算
 ※「フラットプラン 20GB+スーパーカケホ」
 ※継続利用者向けの「10000円割引特典」をWALLETポイントとして計上
 ※固定回線もau利用なので「auスマートバリュー適用」で1000円引き
 ※AppleCareau端末サポート加入

 すると,このような結果に。

f:id:es60:20170917143300j:plain

 1年間「1000円引き」の「ビッグニュースキャンペーン」適用ですので,2年目はプラス「1000円」となりますが,驚きの金額です。

 これ,「8008円」から,14ヶ月連続で「機種代金2295円分が差し引かれる」ということで間違いないですか???

 すると,「5713円」という結果になるのですが? 2年目でも「6713円」なのですが? そして15ヶ月目から24ヶ月目までが「8008円」

 えーっと,どこかに見落としはないのでしょうか?疑ってしまうほど安くなるんですけど。

 これ,「端末代金を48回払いで計上し,実質半額の値付けにする」という「アップグレードプログラムEX」が効いているんですよね。
 この計算が間違いでなければ,
auよ,よくやった!」
といいたいのですが,これまで幾度となくだまされてきた身としてはなかなか信じがたい…

 今秋,妻が機種変予定ですので,実際のところを目の当たりにしたいと思います。まだ予約さえ入れていないようですので,いつになるのか分かりませんが…

 

 

「iPhone X」「iPhone 8/8 Plus」に搭載 「A11 Bionic」の驚愕性能!

「A11 Bionic」の性能は?

 10.5インチのiPadProが発表された際には,搭載されていた「A10XFusionプロセッサ」の性能に驚いたものです。

 しかし,今回「iPhone8・8Plus・X」に搭載された「A11Bionicプロセッサ」は,さらなる衝撃を与えました。 

f:id:es60:20170917134525j:plain

f:id:es60:20170917134536j:plain

 

MacBook Pro(Corei5)を凌駕!

 その性能を他のスマートフォン端末や,なんとMacBook Proとも比較したデータが掲載されていますね。詳しく見ると…

A11Bionic

f:id:es60:20170917131624p:plain

A10XFusion

f:id:es60:20170917131659p:plain

GalaxyS8+

f:id:es60:20170917131740p:plain

MacBook Pro(Corei5)

f:id:es60:20170917131827p:plain

MacBook Pro(Corei7)

f:id:es60:20170917131901p:plain

f:id:es60:20170917134653p:plain

 マルチコアにおいてMacBook Pro(Corei7)が「安泰」の他は,スマホMacの逆転現象さえ起きています。

 インテルプロセッサの能力向上が頭打ちになり,しばらく前の世代のものでもそこそこの作業をこなせるようになって久しいですが,そうしているうちに「スマホタブレット端末用のプロセッサ能力」が爆発的に伸びてきました。

 この両者の「差」には,大きな違和感を感じますね。
 PCやMacにおいては,スマホタブレットではまかないきれない作業をこなすためにより強力なCPUが搭載されるものだという先入観があるからでしょうか。最近では,スマホでもゲームや写真・動画処理などの負荷の大きい作業をこなすようになり,性能アップが望まれるようになってきたということでしょう。

 しかし,Appleでは二世代前のモデルも現役として発売していることから,大多数の作業においては,最高スペックのCPUでなくても十分快適にこなすことができるのが今の「スマホタブレット事情」だと考えます。

 なぜこれ程までに急速にスマホの性能が急速に伸びてきているのか? 果たして利用者はそれを望んでいるのか? 逆にMacの性能をもっと効率よく上げることはできないのか?等,なんだか腑に落ちない思いにも陥ります。

 MacBook Pro(Late 2016)を使用している身からすると,MacよりiPhoneの方が高性能」という事実はなんとも少々しがたい気持ちになります…Macがもっとお安ければこんな思いにはならないとは思いますが…

 

Aプロセッサ搭載のMacは登場するか?

 ここでふと頭をよぎるのは,
「Aプロセッサの能力がここまで向上しているのであれば,Aプロセッサ搭載のMacができてもいいのではないか?」
ということです。
 もはや「性能的」には十分なところまで来ているということでしょう。

 まあ,WindowsIntel等との絡み,利用アプリの連携等,Appleの事情だけで動いてはいないMac関連の諸事情を考えると,すぐさま「Aプロセッサに移行」というわけにはいかないかもしれませんが,Intelのプロセッサを使わなくてもこれまでと同様の環境が用意できるのであれば,利用者にとって「プロセッサの種類」はそれほど重要なことではないのかもしれません。

 それ以上に,「自社製CPU」を活用することによるメリット,例えば「価格低下」「保証・メンテの充実」「開発の自由度増加」などがあるのであれば,むしろ積極的に考えていくべき案件なのかもしれません。