カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

第8世代Coreプロセッサ搭載! 新型XPS13登場

ついに新型XPS13が登場!

 この年末年始,スマホにしてもPCにしても様々な新型機の情報が飛び交いましたね。

 PCに関して私が最も気になったのが,DELLの「新型XPS13」です。新世代プロセッサを搭載しての登場のようです。

 

やはりコスパは優秀だよなあ〜

 実は私,PCをMacに移行する以前(5年ほど前),モバイル用途で同時の同型「XPS13」を使用していたことがありました。

 当時から「狭額縁」「世界最小13インチ」をうたい文句にしておりまして,基本的なフォルムは変わっていない印象を受けます。
 当時からコスパに関してはダントツで,MacBookAir13と同等の機能で,価格が10万円を切っていたと思います。質感もバッチリ。Mac以上と言っても過言ではありませんでした。

f:id:es60:20180111161224j:plain

 ではなぜ手放したかといいますと,
タッチパッドが使い物にならなかったことで,Macへの関心が高まった
・無理に薄くしようとしたのか,普通に使っていてもキーボードの跡がモニター表面に付着する    ということからです。
→キズにはならないのですが,特別圧力を加えなくても必ずびっしりと付くんですよね。キーボード痕。Macに関しては,「Air」は殆ど付かず,現在の「MacBookPro」は若干付くこともある,というところでしょうか。いつかモニターに傷が付くのではないかと怖くなったということもあります。

 

 最近のWindows機のタッチパッドはかなり改善したという噂も聞きますし,なんせDELLの価格設定の妙には一目置いていますので,買い換えをしてからもそれなりに気にはしていたのですが,今回の新機種も,やはりコスパは優秀ですよね。

 やはり「10万円近辺から買える」という落としどころが素晴らしい!

 

気になる点から見えてくるAppleの魔術

 詳細を観てみると…

f:id:es60:20180111161725j:plain

 通常使いの方々にとって,13インチのノーマルタイプでそこそこのスペックのものが12〜3万円で買えるのは,魅力的ですね。

 ただ,売りであるはずの13インチ+QHDモデルは,今のところ注文できないようですがどうなっているんでしょうかね。15インチ+QHDモデルは26万円ほどしますので,「絶対的なお安さ」とまでは言えなくなります。
 液晶の「タッチ機能」はいらないから,その分値段を下げて欲しいんですよね。

 また,HDであれば,MacBookProの「2,560 x 1,600」と比較して物足りなさを感じます。
 さらにMacトラックパッドの絶対的信頼感とiOS機器との連携を加味すると…

 

 う〜ん,微妙ですね。
 結局,
Windows機があればなんでもできる」
という正義は存在するわけで,Macで何でもやろうとすると,まあ,お金がどんどん飛んでいきます。

 しかし…
 それでもAppleから抜け出せないところに,「Appleの魔術」があるのでしょうね。

 

LG UltraFine 5K Displayには対応しているのか?

 それともう一つ,個人的に気にかかることがあります。

 それは,「XPS13のUSB3.1」に関して。
 一応「Thunderbolt3対応」と謳っているわけですが,これ,MacBook用の「LG UltraFine 5K Display」にも対応しているんですかね?

f:id:es60:20180111164832j:plain

 これまではWindows機が気になっても,このLG UltraFine 5K Displayの存在もあって本格的に移行するという状態にならなかったのですが,もしこれがMacWindowsの「両刀使い」できるのであれば,「移行」とまでは行かなくても,「買い足し」という選択肢にはなるかもしれません。

MacでBlu-rayDisc再生!〜「Blu-ray Player Pro」と「Leawo Blu-ray Player」を比べてみた〜

「有料」と「無料」の画質はどう違う?

 先日は,公式にはサポートされていない「MacによるBlu-rayDisc再生」について書かせていただきました。

 この中では,紹介させていただいた二つのBlu-rayplayerについて,
・どちらも再生可能
・画質も概ね満足
と記しましたが,今回ももう少し突っ込んで,その「実態」をまとめたいと思います。

MacでBlu-rayDiscの再生をしたいけど,ホントのところどうなの?」
「どちらも同じだったら無料のアプリでいいんじゃない?」
ということを解決できたらと考えています。

 

やはり「有料」には意味がある! しかし…

 まずは前提として,アップルはすっかり「光学式ドライブ」に見切りを付けているようですので,Blu-rayドライブを別途購入する必要があります。
 これについては,上記記事をご確認ください。
 くれぐれも「外部電源供給用ACアダプタ」のご購入をお忘れなく!

 

 さて,前回も紹介させていただいたのが,以下の二つのアプリです。

①Leawo Blu-ray Player(フリーアプリ)

f:id:es60:20180108144519p:plain

Mac Blu-rayplayer(有料・体験版あり

f:id:es60:20180108144529p:plain

 また,前回の記事で「デフォルト」として紹介させていただいたのが,①のLeawo Blu-ray Playerでした。

「無料のplayerでも,この程度の画質は保証できますよ」
という意味合いによるものです。

 ここで紹介した「画質」とは,
・動画配信サービスの1080HDのほうが,若干クリア
Leawo Blu-ray Playerはコントラストが強く色調が重め
ということです。

 

 では,有料の「Mac Blu-rayplayer Pro」と比較した場合ではどうでしょう。
 以下に,実際にMacで再生した際のスクリーンショットを貼り付けます。

 

 ①Leawo Blu-ray Player(フリーアプリ)

f:id:es60:20180110163146j:plain

 

Mac Blu-rayplayer(有料・体験版あり)

f:id:es60:20180110163206j:plain

 いかがですか?

 ぱっと見で,Leawoの方が暗めの映像だということが分かるでしょう。

 MacBlu-rayplayerの方は,いわゆる動画配信サービスと同様の明度となっており,非常に見やすく感じます。

 

 また,写真を拡大していただければ分かるのですが,MacBlu-rayplayerの方が明らかに解像度に優れています。
 前回,
「若干解像度が劣る」
と書いたのは,Leawoでの再生でしたが,MacBlu-rayplayerでは,そのような不満は全く感じません。

 

 私にとって問題なのは,
「27インチに拡大したときの解像度」
です。
 この「ちょっとした解像度の違い」が,長編の映画を観るときには結構大切になってくるということを今回改めて感じました。

「少しでもいい画質で映画を楽しみたい」
という意識をもっている方であれば,「有料」の価値ありです。
 逆にいえば,
「この程度の画質気にならない。Leawoでも十分じゃないか!」
という方であれば,なんと無料でBlu-rayDisc再生のアプリが手に入ります。

 あとは考え方次第です。

 

「有料」の価値は他にも…

 個人的には,最優先事項としてその「画質」を考えていましたので,その点を真っ先に書かせていただきましたが,実はその他にも気になることが2点ほどあります。

 

①安定性

 Blu-rayドライブに外部電源供給用ACアダプタを付けた状態で,あくまでもアプリ独自の安定性についてという観点が一つ目です。

 試してみて感じたのは,
・MacBlu-rayplayerの動作は常に安定している。
・Leawoの方は,半分程度の確率で「ディスクの読み取りに失敗する」
ということです。

 「半分程度」というのはなかなかの高確率ですが,一旦読み取ってしまえばあとは最後まで問題なく作動します。

 ここをどのように考えるかです。
「無料なのだから,何回か試して読み取ってくれるのであればOK」
とするのか,
「いやいや,そんなのまともなアプリとは言えないよ」
とするのか…

 しかも,これに次のような事柄も関わってきます。

 

②読み込み速度

 Macにドライブをマウントし,ディスクの読み取りを開始してから再生が始まるまでの時間に,かなりの差があります。

・MacBlu-rayplayer・・・・・20秒ちょっと
・Leawo・・・・・・・・・・2分以上(①で述べたように,回転したまま読み取れないことも多い)

 これ,気になる人はかなり気になると思います。

 せっかく2分待ってもそのまま再生に至らず…再度挑戦してまた同じ状態に…ということも十分に起こりうるわけで,実際私も試しながら,
「なんか,博打みたいだな…」
という感覚に…

 さて,皆さんはどのようにお考えでしょうか?

 

というわけで「有料版」購入! でも注意が…

 というわけで,
①画質が明らかにいい
②安定して再生できる
③読み込みが速い
という理由から,有料版の「MacBlu-rayplayer」を購入いたしました。

f:id:es60:20180110172123j:plain

 丁度新年明けの「半額セール」期間中だったということもあります。販売元や時期によって価格が異なるようですのでいろいろと見て回った方がいいかもしれません。
 

 ここで購入に当たっての注意が…実際に私もトラブルとなり,サポートとメールでのやり取りをしてようやく解決した事柄があります。

 このMacBlu-rayplayer,アプリ本体をダウンロードし,さらにそこから「サブスクリプションキー」という認識キーを購入するという手順になります。

 ここで注意!

「日本の公式ダウンロードサイト」からアプリをダウンロードし,さらに「日本の公式ダウンロードサイト」からサブスクリプションキーを購入して認識させる必要があるということです。

 このアプリの版元はもちろん海外の会社ですので,ネット上では様々なダウンロードサイトにアクセスすることができます。
 その際,「日本の公式ダウンロードサイト」からダウンロードしたものでないと,せっかくサブスクリプションキーを購入しても,認識されないというわけです。

 

 わたしも,なぜか正式なサイト以外のところからダウンロードした上でサブスクリプションキー購入をしたために,「お試し版」から「有料版」にアップグレードできないという羽目に陥ってしまいました。

 料金を引き落とす代理店がオランダの会社で,ちょっとびびりながら交渉し,ダウンロード元を教えていただきました。
 あっ,代理店も,アプリの版元も,こちらのメールに日本語で答えてくれましたので,十分に信頼できることはお伝えしておきます。

f:id:es60:20180110171740j:plain


 海外の製品だから…という理由でためらうことは全くありません。

 その際に紹介させた「公式ダウンロードサイト」はこちら… 

 「半額セール」,いつまで続くのでしょうか?
 私はこの値段の価値はあると考えて購入しました。

 皆さんもいかがですか?

 安心のAmazonから購入したいのであればこちらから。

Mac Blu ray Player Standard [ダウンロード]

Mac Blu ray Player Standard [ダウンロード]

 

 

MacでBlu-rayDisc再生!〜動画配信サービスのHD1080とBlu-rayDiscの映像を比べてみた〜

HD1080とBlu-rayDiscの映像は同等といわれるが…

 先日から,AmazonPrimeVideoやNetflix等の動画配信サービスについて書かせていただいています。
  LG UltraFine 5K Displayで観るその画質に十分満足したことから,
「HD1080とBlu-rayDiscの画質は同等」
という情報を信じて,Blu-rayドライブを導入することにしました。

 私が購入したのは,こちら。

 そして,お持ち出ない方は「必ず」外部電源供給用ACアダプタを購入した方がいいです。
「なぜ標準で付属しなかったの?」
というくらいの必需品です。

 この商品,本体には「ダブルブースト」という二股のUSB電源供給ケーブルが付属しているのですが,「両差し」状態にしても,電源不足を表す「赤ランプ」が盛大に光って,フリーズすることになります

 

 私は,以前に同じくBUFFALOのDVDドライブを購入して使用している際に同様の事態に遭遇しまして,あとから慌てて別売りの外部電源供給用ACアダプタを購入した経緯がありました。

 今回も実際に試したところ,外部電源供給用ACアダプタなしではまともに作動しませんでした。旧モデルとアダプタが共用できることだけが救いなのですが…

BUFFALO 外部電源供給用ACアダプタ AC-DC5-BK

BUFFALO 外部電源供給用ACアダプタ AC-DC5-BK

 

 

 

 それでですね,今回は「映像画質」に関する話題ですが,基本的にMacではBlu-rayDiscの再生は「できない」とされているわけです。

 そこで今回私が試したのが,次の二つ。

①Leawo Blu-ray Player(フリーアプリ)

f:id:es60:20180108144519p:plain

Mac Blu-rayplayer(有料・体験版あり)

f:id:es60:20180108144529p:plain

 この二つのアプリに関しては,実はいろいろと紆余曲折があったのですが,それは後に回すとします。

 

 ひとまず言えるのは,次の2点。

・どちらのアプリでも無事にBlu-rayDiscが再生できた。
・画質はMacBlu-rayplayerの方が上→その程度についてはまた別の記事でご紹介します。

ということ。

 それでは気になる画質は?
 ここでいう「Blu-rayDiscの画質」とは,無料版のLeawo Blu-ray Playerをデフォルトとして紹介させていただきます。

 

 

外部配信サイトの画質ってすごいんですね!

 近くのゲオで借りてきたのは,以前から気になっていた本能寺ホテル

f:id:es60:20180108144905j:plain

 気になる画質は?

・解像度は動画配信サービスの方が若干優れている。Blu-rayDisc(Leawo Blu-ray Player)の方がややぼやける感じ。

→しかしHD720のときに感じた「絶望感」とは全く違う次元で,気にならない人には気にならないレベルだと思います。十分「高画質」といえるものです。

 

コントラストがBlu-rayDiscの方が強め?

→これは好みの問題か?
「Blu-rayDiscの方が暗くて重い」ともいえる,
「動画配信サービスの方が淡泊」ともいえます。

 

結論!

 若干解像度は落ちる感もあるが,ほぼ同等の画質で楽しむことができる。

 

利便性では当然動画配信サービスだが…

 まあ,動画配信サービスでは,好きなときに好きなものを楽しむことができますし,端末にダウンロードすることもできます。

 また,当然「無料」で観ることができるというのが大前提です。

 反面,新しめの作品を観るのだったらレンタル。また,「ジャニーズ」など,大人の事情による版権問題で,動画配信サービスに登場しない作品も数多く存在します。

 

 ということで,
「新しめの作品を観たいときはBlu-rayDisc」で,
「旧作は動画配信サービス」で,
という棲み分けを行っていけそうです。

 ところで,ゲオには「宅配レンタル」というサービスがあり,「月4本で972円」というコースもあるようで(もちろんその他にも様々なコースあり),料金的にはかなり魅力的。

f:id:es60:20180108150419j:plain

 MacでもBlu-rayDiscが楽しめるということが分かりましたので,「ゲオ宅配レンタル」を利用してみようかと考えています。
 こちらにつきましてもまた後ほど書かせていただきます。

Mac Blu ray Player Standard [ダウンロード]

Mac Blu ray Player Standard [ダウンロード]

 

 

 

 

 

 

2018大ブレーク必至! 小松菜奈さんの魅力②〜透明さと無機質な冷たさを併せもつカメレオン女優〜

引き続き 大ブレーク必至「小松菜奈さん」の遍歴を…

 前回は,注文の若手女優「小松菜奈さん」をご紹介するとともに,その女優としての「遍歴」を独自の視点で紹介してきました。

 

 今回は前回に引き続いて,映画作品を紹介しながら,小松菜奈さんの魅力について語っていきたいと思います。

 

溺れるナイフ(2016)

 東京でモデルをしていたが,父親が故郷の旅館を継ぐことになり,田舎にいやいや行くことになる望月夏芽を演じます。

 何の刺激もない田舎に飽き飽きしているところで,自由奔放に生きる長谷川航一朗と出会い,互いに惹かれていくが,ある夏祭りのよるに事件が起こり…というストーリー。

  この作品では,小松さんの「透明感」と「無機質な冷たさ」という両面の魅力が爆発しており,ぐいぐいとストーリーに引き込まれていきます。

f:id:es60:20180107134849j:plain

f:id:es60:20180107134854j:plain

 海と山の自然の中,自分の進むべき道に迷い,時には大きな事件にも巻き込まれ…。心の弱さ強さを,実に繊細に演じていますね。

 また,ストーリーの中にあって必要なエロスの要素もごく自然にこなしています。

 理想と現実の狭間で揺れ動く多感で才能豊かな少女を描くに当たり,この望月夏芽役も,
小松菜奈以外にあり得なかった」
と思わせるものがあります。

 ある意味で,小松菜奈さんの魅力を感じたいのであれば,この作品が最も適しているかもしれません。

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016)

 いわゆる「パラレルラブストーリー」です。

 過去と現在という異なる時間軸の中で5年に1回,30日しか会えない(原作では40日間)運命の2人の,恋人として唯一出会える二十歳の「30日」を切なく描いた作品になっています。

 この作品で小松さんはヒロインの福寿愛美役を見事にこなしました。

f:id:es60:20180107120525j:plain

 もし私が「渇き。」の方を先に観ていたら,本作での小松さんの演技を驚きの目で見ていたことでしょう。
 実際は私にとっての小松さんの初見が本作でしたので,
「こんなに透明感がある女優さんがいるんだ…」
とため息が出るほどの感動を味わいました。

 福寿絵美という役柄は,逆の時間軸から現れており,彼女からすると彼氏である南山高寿と「徐々に恋人でなくなっていく」日々を過ごしていくことになります。

 

↓初デートのシーン

f:id:es60:20180107141949j:plain

 高寿からすると初めて手を繋いだ日が絵美にとって「最後に手を繋ぐ日」,初めてキスの瞬間が「最後のキス」ということになるのですが,この時間軸のずれから生じる「絵美の心の揺れ」を,実に繊細にそして爽やかに演じ切っていることに驚きます。

 

↓告白を受け入れるシーン

f:id:es60:20180107142025j:plain

 

 そして,なんといっても運命に身を任せながらも高寿への愛を貫く心の強さと限りない純粋さ。原作を読んだ段階で,
「映画で演じ切るには難しいかな…」
と感じたのはこの点なのですが,小松さんの存在感と確実に向上している演技力がこの難関を軽々とクリアさせています。

 さりげない高寿への思いやりの言葉,包み込むような透明な優しさを映し出す所作,そして意味ありげな感情を見事に表現する目の動き。

 

↓高寿の髪を切るシーン(ハサミの技術だけは違和感が残りましたが 笑)

f:id:es60:20180107142203j:plain

 特にこの「目の動き」に関して,大きな成長を感じました。
 というのも,「バクマン。」で演じた「亜豆美保」も,「目で語る」場面が多かったのですが,正直「わざとらしさ」が感じられることが多かったのです。
「目で表現しようと頑張っているのは分かるけれど…」
という感じ。

 しかし,本作での「目の演技」に不自然さは全くありません。むしろ,その神秘的で透明感のある目に引き込まれそうになるくらいです。

 

↓全てを打ち明けた後,思い出を残すために…

f:id:es60:20180107142406j:plain

 この小松菜奈という女優さん,着実に進歩しています!

 作品としても見事なものに仕上がっていますので,まだ観ていない方は是非どうぞ。

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

 

 

小松菜奈」的戦略

 この作品では,小松さんの「無機質な冷たさ」という部分は全く出ていません。以前の作品と比較すると,
「このような前向きな純愛路線もいけるんだ!」
とびっくりするくらいの豹変ぶりです。

 前回にも書きましたが,普通はこのような「マイナスイメージのない役どころ」から無難にスタートし,地位を固めてから徐々に様々な役柄に挑戦するという戦略を事務所的にもとるでしょう。

 しかし,彼女の場合はそうしなかった。
 そして,かえってその戦略が当たったのだと考えます。

 奔放で他人が二の足を踏むような役どころをこなしながら,その絶対的な「透明感」「存在感」を業界に売り込み,地位を固めていく。
 また,その中で確かな演技力も磨いていく…。

 まあ,狙ってそんなにうまくいくわけでもないでしょうが,小松さんのもっている魅力に,様々な人が気付き始め,
小松菜奈を使いたい!」
という声が上がることで,演じる幅を膨らませているということなのでしょう。

 まさに「カメレオン女優」ともいうべき多種多様な魅力を醸し出す,本当に希有な存在になりつつあると感じます。

 

今後の活躍に期待

 さて,そんな小松菜奈さんの今後の予定。
 事務所HPによると,今後すでに2本の出演が決まっているようです。

f:id:es60:20180107143811j:plain

 個人的には,「女子高生がファミレス店長のおじさんに恋する」という「恋は雨上がりのように」での「大泉洋さん」との掛け合いに注目!

f:id:es60:20180107144158j:plain

 

 ところで,素顔小松菜奈さんといえば,やはりモデルさんだけあっておしゃれでクールな印象です。Twitterには以下のような投稿も。

f:id:es60:20180107144253j:plain

f:id:es60:20180107144304j:plain

 

 猫の目のように変わる小松菜奈さんの魅力をたくさん感じられる年になればいいなあと,今から楽しみです。

2018大ブレーク必至! 小松菜奈さんの魅力①〜透明さと無機質な冷たさを併せもつカメレオン女優〜

映画三昧の日々で大発見「ぼくは明日、昨日のきみとデートする

 前回,AmazonPrimeに加入したことにより,映画三昧の冬を過ごしていることをお伝えしました。

 基本,このような動画配信サービスを利用する際は「無料」で楽しめるものを中心に観るわけですが,配信される画質がHD1080をクリアしており,DVD画質よりも相当美しいため,何本か有料の新しめの映画も楽しんでみました。 

 HD1080というと,Blu-ray画質ということで,もはやDVDには戻れない身体になってしまったため,今後Blu-rayを導入しようかと考えているところです。

 さて,有料で観た作品の中に,この冬に観たラブストーリーもので「ピカイチ」という作品に出会えました。
 「ぼくは明日,昨日のきみとデートする」です。

f:id:es60:20180107120525j:plain

 七月さんの原作は以前に読んでいましたので,
「あの原作の透明感を映画で表現するのは難しいのではないか…」
と,正直思っていました。
 しかし,気になるものはしょうがないということで,観てみることに…

 すると…

 見つけましたよ!小松菜奈さん」という大物を!
 この作品,小松菜奈さんの存在と脚本の巧みさで,原作のよさを消さない希有な良作となっています。

 大概このような作品を映画化すると,やらかしちゃうんですけどね。自信をもってお薦めします。素晴らしい作品です。

 

小松菜奈さんって?

「見つけましたよっ!」
と,おおげさにいいましたが,映画の主役を張るくらいですので,これまでも活躍されていた方でした。映画を観たあとに慌てて勉強させていただきました。お恥ずかしい…。

 モデル出身の方で,役所広司さん主演の映画「渇き。」に大抜擢されて脚光を浴びたようですね。その他,様々なTVCMにもでていますね。あとから,「あ〜,あの子か」と気付くことが多かったです。

f:id:es60:20180107121846j:plain

 特に印象的なCMはダイハツMOVE」のアンドロイド?役,最近の住友生命保険「妹が1Up編」などでしょうか。

 

 超売れっ子なのですが,国民全体に知れ渡るほどの…というほどには至っていない印象です。しかし,この子,絶対に来ます。

 とんでもない魅力を秘めた,素晴らしい女優さんになる予感がします。

 

不思議な小松菜奈さんの遍歴

 とりあえず私自身が感じた小松菜奈さんのこれまでの遍歴や受ける印象の推移は,一般の女優さんのそれとは大きく異なるものです。

 なにが? というと…普通の女優さんとは逆の印象を受けるということ。

 通常,女優さんはそのイメージを大切にするために,「清純」なイメージを先行させ,徐々に「大人の女優」としての階段を上っていくことが多いです。

 また,「国民的女優」といわれる,綾瀬はるかさん,石原さとみさん,新垣結衣さんなどは,「大人の…」とはいえ過激なラブシーンなどは避ける傾向にあるでしょう。

 

 ところが,小松菜奈さんのこれまでの遍歴は,それとの全く逆を行くのです。
 出演している映画を全て観たわけではありませんが,私なりに感じたことを観させてもらった作品と共に紹介していこうと思います。

 

①渇き。(2014)

 まずは映画初出演作の「渇き。」。小松さんはこの作品で,「第39回報知映画賞 新人賞」「第38回日本アカデミー賞 新人俳優賞」「第69回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞」などを受賞。
 いかにインパクトを与えたかが分かります。

 小松さんはこの映画で,元刑事役の役所広司さんの娘役を演じます。
妻と離婚し娘が行方不明だということで探しにでるのですが,その中で主人公は娘のことを何も知らなかったことを痛感します。

 しかしこの娘「加奈子」は,主人公の想像を超えるモンスターでした。数々の周囲の人物をたぶらかし…という展開。

 当時17歳で,初映画。普通だったらこのようなセンセーショナルな役柄はなかなか引き受けづらいでしょう。人間的に崩壊し,次々に人々を不幸に陥れていく役。しかも,劇中では相当の衝撃的なキスシーンもこなしています。
「イメージづくりとしてはいかがなものか?」
と,通常であれば二の足を踏んでもおかしくないキャスティングでした。

 ところが,小松さんの「透明感」「無機質な冷たさを与える表情(特に目)」「アナーキー感」が,この加奈子に尋常ではないパワーを与えることになります。

f:id:es60:20180107131853j:plain

 台詞が特段多いわけではなく,主人公との絡みも殆どない「イメージ」のような存在の加奈子が,紛れもなくこの映画の「中心」となっているのです。

 これ,小松菜奈さん以外だったら話の肝となるべき加奈子の存在が薄れ,ただ単なる狂気的バイオレンス映画で終わってしまった可能性さえあります。

「存在だけで映画を変える不思議な女優さん」
という強い印象を受けました。

 

バクマン。(2015)

 少年ジャンプで連載を目指す高校生漫画家コンビを描いた作品。主人公「真城」のマドンナ役としての登場です。

 作品としては漫画家達の群像劇として良作だったと思います。
 ただ,小松さんの役どころとしては,声優を目指し,自分が成功を収めていく過程で真城から離れる選択をするという役どころで,役柄的に深み,意味合いが弱いと感じました。もったいない。もっと小松さんのよさを発揮できれば…とも思いますが,いかんせんあくまでも「漫画家」側が主人公ですので,2時間の枠の中では描ききれなかったでしょぅ。

 この作品では,持ち前の「透明感」はそのままに,前作「渇き。」とは異なり,「マイナス指向のアナーキー感,冷徹さ」は影を潜めています。

f:id:es60:20180107133301j:plain

 いっては何ですが「お人形さん」の感覚ですね。

 その透明感故に素晴らしい存在感は示しているものの,「ただそれだけ」になってしまっているのです。まあ,それでも大きなインパクトを与えているあたり,小松さんの可能性の大きさを感じさせる作品となりました。

 

 …と,結構長くなってしまいましたので,この後の作品紹介は次回へと継続させていただきます。是非ご覧ください。

 

 

今更ながら「AmazonPrime」に加入!〜動画配信とその他のサービスを勘案すると…〜

AmazonPrimeが快適すぎる!

 どうして今まで加入に二の足を踏んでいたのだろう…?

 いざ「AmazonPrime」に加入してみるとそのように実感します。
「年会費3900円が破格だということは分かるけど,元が取れるのかな?そんなに頻繁にAmazonから購入するわけでもないし…」
と,私と同様の考えをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

 しかしいざ加入してみると,
「加入しているんだから,どうせなら活用しよう!」
という意識になり,私の場合,これがいいように回転し始めました。

 皆さんもどうですか? AmazonPrime!

 

まずはAmazonPrimeのおさらいから

 まずはAmazonPrimeに加入することによってどのような恩恵があるかについておさらいしてみましょう。

f:id:es60:20180106154711p:plain

 AmazonPrimeへの加入方法は2種類から選択できます。
①年会費3900円を支払っての年契約
②月会費400円を支払っての月契約    です。

 当然年契約の方がお得に設定されていますね。

 では,加入による恩恵は…

f:id:es60:20180106120632j:plain

とまあ,多種多様な項目が…

 迷ってしまうようですが,全てを考える必要は全くありません。自分にとって必要な項目が一つでもあれば,AmazonPrimeを考えてみる価値あり!です。

 

私の場合は…PrimeVideoと送料

 では,私自身がそれまで迷っていた加入に踏み切った理由は何かというと,ズバリ「PrimeVideo」とAmazon購入時の「送料」です。

 

①PrimeVideo

 そもそも今回私が改めてAmazonPrimeに目を向けた直接のきっかけが「動画配信」でした。
 自宅で利用している「LG UltraFine 5K Display」の大画面を活用して,映画を堪能したいということです。

 様々な動画配信サービスがあることは知っていましたが,その詳細についてはよく分からず…。ということで調べてみると,それぞれに特徴があることが分かりました。

f:id:es60:20180106121522j:plain

 まずはAmazonPrimeVideoの料金のお手軽さが分かります。dtvもなかなかですが,結局新しめの映画は有料ですので,PrimeVideoの料金は魅力です。

 HuluとNetflixは,最新映画の「購入,レンタル」はできませんが,PrimeVideoに比べてラインナップが豊富なことと,オリジナルドラマや海外ドラマなどが充実しているなど,双方に強みがあるようです。

 私は海外ドラマを観ることはあまりないので,それだったらPrimeVideoで十分という結果になりました。

 また,新しめの作品を観たければ,課金してみればいいわけです。Netflixに加入することを考えれば,PrimeVideoのHD画質の「500円レンタル」を利用することを前提とすると,月2本は観られることになります。

 そしてなおかつ,これに「送料」に関するメリットが加わってくるのです。

 

②送料

 ご存知の通り,AmazonPrimeに加入すると,Amazonから出荷される商品に関しては原則無料となります。商品の画像に「Prime」のマークが付いているものですね。

 これが非会員だと,「2000円未満のものは350円」の送料がかかるのです。まあ,ものによっては「送料無料」となっているものもありますが。

 これ,意外と重要です。今までであれば,
「合わせ買いして,どうにか2000円を超えるような発注」
を心がけていましたし,どうしてもすぐ欲しいもので地元では売っていないものであれば,送料を支払っても購入していました。

 しかし,Prime会員であれば,そんな「帳尻合わせ」の発注をしなくてもいいのです。よく,
「月1回,送料無料の機会があれば,会費分はペイできる」
といわれます。以前は,
「利用しないことも多いしなあ…」
と思っていたのですが,これまでわざわざ買いに出かけていた必要な小物をAmazonで購入することで,意外にも簡単にクリアされることになりました。

 考えてみれば,「わざわざ」「車で」買い物に行っていたものを簡略化できるのです。ちょっとだけ視点を変えることで,途端にAmazonPrimeの恩恵を享受させてもらえることになるわけです。

 実際,加入1ヶ月で,思い立った小物を何点も気軽に発注していました。もうすでに数千円分の送料を得したことになります。
「欲しいときに,すぐ」
という感覚,快感を覚えます。

 

 残りの様々な特典は,利用したいときにだけ利用すればいいのです。
 例えばPrimeミュージックは,昔懐かしい音楽を思いつくまま聴いたり,ジャズの音楽を流しながらMacでの作業に取り組んだり(これ,何気に心地いいです!)…。

 安心感とかゆいところに手が届く感覚で,年3900円は,もはや「破格」だといっていいと思います。Amazonをある程度利用なさる方は,AmazonPrimeに加入してちょっとだけライフスタイルを変えてみてはいかがでしょうか?

 

LG UltraFine 5K Display+HD画質(1080)は驚愕!

 現在,AmazonPrimeVideoとNetflixの無料体験(こちらは期限までに解約予定)で,映画三昧の日々です。使用しているモニターは,LG UltraFine 5K Displayです。

f:id:es60:20180106153906j:plain

 LG UltraFine 5K Displayは27インチ。しかも美麗な画質。

 いや〜,圧巻,感動,驚愕でございます。

 なんせ,50㎝ほどの距離で27インチの画像を観るわけです。iPadで観る動画とは迫力が異なります。

 また,27インチで観るならば,「HD1080」以上の画質が最低限だということを強く感じました。楽天のHD画質は720で,こちらの無料体験もクーポンを使って試してみたのですが,画質の荒さが異常なほどに目立ちました。

 現在,AmazonPrimeVideoの他,殆どの動画配信サービスがHD1080を担保しています。Netflixなどは,SD画質の低料金プランを用意してますが,スマホ等の小さいサイズで観るのでなければ,決してお薦めしません。

 逆に言えば,これだけの高精細な動画が配信されているのですから,優れた大画面モニターで,映画館ばりの迫力を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 動画配信等の映画の楽しみ方については,これから試してみたいこともありますので,再度書かせていただきたいと思います。

 

 

AmazonでSTARBUCKS買うなら,「緑」or「赤」?

やっぱり「おうちSTARBUCKS」がお手軽,お得!

 以前,STARBUCKSの味にはまり,Amazon販売されているSTARBUCKSOEM商品について書かせていただきました。

 このときご紹介したのは「緑」の「ハウスブレンド。最もスタンダードなブレンドですね。STARBUCKSでいうと通常の「ドリップコーヒー」になるのでしょうか?

 時々ドリップコーヒーとはいえ,
「本日のドリップコーヒーは〇〇になっております。」
といわれることがありますので,意識してか否かは別にして,様々なものを提供しているようではありますが…。

 ちなみに以前,偶然「本日のドリップコーヒー」になっていたコモドドラゴンは,華やかな香りと深み,厚みが非常に魅力的なコーヒーでした。

 

 さて,この「緑」…。肝心の味ですが,「しっかりとスタバの味がした」ということを以前ご紹介しました。

f:id:es60:20180105162712j:plain

 「スタンダード」な「ハウスブレンド」とはいえ,他の店のスタンダードからするとしっかりとしたコクと苦みがあり,酸味は控えめ。いかにも「シアトル風」の味。
 苦みが強めながらも鼻に抜けるようなフルーティーさも持ち合わせている不思議な味わいです。すっきりとしていて飲みやすいのも売りですね。

 

 しかし,以前から気になっていたのが,Amazonで売られている「赤」の存在です。
 いわゆる「エスプレッソ」ですね。

f:id:es60:20180105162941j:plain

 今回は,実際に飲み比べてみた感想をお知らせさせていただきます。

 

苦さと重さのバランスは?

 さて,そもそも,「緑」でさえ結構苦めなのに,「エスプレッソ仕様でどうなの?」という思いはありました。

 しかし,Amazonのレビューを見ると,結構通常の「ブラックコーヒー」として飲んでいる方が多いようでした。まずは,この苦みの程度が最も気になっていたところです。

 以下に所感を書かせていただきます。

 

①苦み

 確かに「DARK ROAST」と明記されているように,深い焙煎具合です。いわれてみれば「ハウスブレンド」よりは苦みを感じるのですが,そんなに極端な違いではなく,十分通常のコーヒーとして飲めますね。
「苦すぎてミルクと共にでなければ飲めない?」
という心配はいらないようです。

 ただ,アイスコーヒーにも十分対応できる苦みか…といわれれば,若干物足りない気もします。

 そして…,さらなる問題は以下のとおり…。

 

②切れ

 STARBUCKSの,あるいはシアトル風コーヒーの第一の特徴は,「苦みと切れ」のバランスだと考えます。

 「ハウスブレンド」はこのバランスが絶妙なのですが,「エスプレッソ」に関してはここが最大の弱点となっています。

 苦みは強いのですが,重すぎて切れがないのです。
 まあ,それが好みという方もいらっしゃるでしょうが,だとしたらわざわざSTARBUCKSを選択しなくても…というところ。

 また,「重さ」に関しては,以下の③と連動して「悪さ」をするのです。

 

③香り

 香りに関しては,「緑」の圧勝です。「赤」はエスプレッソ仕様ということを考えれば納得なのですが,通常のブラックとして楽しみたい方にはお薦めできないレベルです。

 「緑」のフルーティーな香りが全く感じられないんですよねえ〜。

 また,ただでさえ香りが弱く苦みだけが強い上に,②でも述べた「重さ」が被さってきます。
 重くても香りがあればいいのでしょうが,そうではないため,どうしても「鈍重」で「しつこい」印象を受けてしまうのです。

 

「赤」は飽きてくるかも…ということで今後は「緑」一択!

 実際もうすぐ一袋を飲み終えようとしている「赤」ですが,ここに来てやや飽きてきてしまっています。その味に…。

 「緑」の時はそのようなことが全くなかったんですよねえ〜。

 というわけで,今後は「緑一択」ということになりそうです。

 しかし,少し気になるコーヒーも…。
 それは…「澤井コーヒー」。

f:id:es60:20180105165143j:plain

 こちらもAmazonで売られているのですが,「焙煎したて」を売りにしているのに,STARBUCKSのものよりも安価なのです。

「そんなに安くて大丈夫?」
という思いが非常に強いのですが,いつか試してみるかも…。

 というわけで,皆さんもいいコーヒーライフをお過ごしください。