カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhoneは生き残れるのか?〜中華スマホの台頭〜

2017年1~3月期におけるスマホ世界出荷台数

 全世界における2017年1〜3月期のスマホ出荷台数が公表されました。

news.yahoo.co.jp

 これによると,
「1~3月期のメーカー別出荷台数の上位5社を見ると、サムスンが7920万台で首位となり、これにアップルが5160万台で次いだ。このあとの3社はいずれも中国メーカーで、ファーウェイの3420万台、オウポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)の2560万台、ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)の1810万台と続いている。」
とのこと。

f:id:es60:20170509203548j:plain

 SamsungAppleの二大巨頭が存在感を示しているものの,その伸び率はほぼ横ばい。逆に中国メーカーの製品がいずれも20%以上の伸び率を示しているようです。

  スマホの販売台数そのものが飽和状態に近づきつつある中で,低価格帯のものでもある程度の保障されるようになってきました。「高価でハイエンド」という製品だけが重宝されるという時代は過ぎ去りつつあるようです。

 

中国国内での販売台数は未来予想図か? 

 さらに,中国国内での販売台数を見ると,その傾向は顕著なようです。

f:id:es60:20170509204313j:plain

 販売台数,販売伸び率のどちらをとっても,AppleSamsungの見る影がありません。数年前までは考えられないような急激な変化が起きているのが分かります。
 果たして,このような中国国内の傾向は,全世界的な未来予想図なのか?おそらくAppleもこのデータを戦々恐々と見つめているのではないでしょうか?

 

今後のAppleの戦略やいかに? 

 AppleにしてもSamsungにしても,中・長期的な戦略を立てながら日々進んでいることでしょう。さて,Appleはどのような方向に舵を切っていくのでしょうかねえ?

  あくまでもハイエンドモデル中心のフラッグシップ政策を堅持していくのか?
 普及価格帯にもさらに触手を伸ばし,バランスよくラインナップを整えていくのか?
 Appleの新たな戦略が中国製品の急速な波に飲み込まれずに間に合うのか?

  iPhone8の数々の噂を見聞きするたびに,
「この2〜3年で,スマートホン界のパワーバランスも激変するのでは?」
と,危惧しているところです。Apple踏ん張れ!

スマートホンのパフォーマンスランキング!

iPhone7のパフォーマンスはいかに?

 スマートホンの成熟化に伴い,各社から出される端末の性能も向上してきています。また,必ずしもハイエンドモデルを購入しなくても十分に事足りる時代になったことは,「選択肢の拡大」という意味で歓迎すべきことですね。

 しかし,せっかく最新の端末を購入したのであれば,その端末の性能が他のものと比べて高ければうれしくないはずがありません。複雑な人間の性…

 4月期の「スマホパフォーマンスランキング」という記事が来ています。

taisy0.com

 これを見ますと,iPhone7,iPhone7Plusがトップ。差はわずかですが,やはりうれしいものです。Galaxyが正式発表になると逆転もあるでしょうから,これからも性能を追求する競争は続いていきそうですね。

f:id:es60:20170505094312j:plain

 これを見て感じるのが,AppleSamsung等の大メーカーが強いという時代ではなくなっていることです。今後はますます中華製の安価で高性能な端末が乱立していくことでしょう。そんな中で,これまでスマホをリードしてきた企業がどのような「違い」をアピールしていけるのか…

 しっかりと注視していく必要がありますね。

 

Apple内で見ていくと…意外と検討 新型iPad

 こちらはアップル製品の性能比。

f:id:es60:20170505094807j:plain

 これを見て感じるのが,A10Fusionの性能の高さですね。A9X以上のスコアを出すあたり,Appleの本気を感じます。

 また,「廉価版」として発表された新型iPadも,性能的には意外に健闘していますね。まあ,厚くなったりディスプレイ品質が落ちたりと,総合的には納得できない部分が多いのですが…正直,Air2と同等の性能だと踏んでいたのですがね…

 

es60.hatenablog.com

 

  今後発表されるGalaxyを筆頭とする新型端末や,iPhone8が,どのような数値をたたき出すのかが,今から楽しみです。それと同時に,

「スペック競争に巻き込まれないように冷静に判断しよう」

という自戒の念が,私の中に生まれ始めています。

Amazonで「STARBUCKS コーヒー豆 ハウスブレンド907g 緑」を注文してみた

家でSTARBUCKSのドリップコーヒーは楽しめるか?

 皆さんは普段,どんなコーヒーを飲んで楽しんでいらっしゃいますか?
 私は以前,私の地元秋田市の「08coffee」というお店について紹介させていただきました。このお店の「僕のケニア」というブレンドが最高なんですよね。
「コーヒーって,こんなにフルーティーな味がするんだ…」
と,感動を覚えます。 

es60.hatenablog.com

 このお店,人気の割にこじんまりとした隠れ家的な店内で,いつもお客さんで賑わっており,豆を買ってきて自分で淹れて楽しむのが日常となっておりました。
 また,いつも買っている「僕のケニア」は200g「1600円」というお値段でもあり,「週末のご褒美」的な位置づけで味わっておりました。

  反対に外で飲みたいときにはSTARBUCKSのドリップコーヒーがメインでした。こちらも週末にMacBook Proを持ち出して,少々店内で粘ってブログ書き…などという利用法です。

f:id:es60:20170507145822j:plainf:id:es60:20170507145825j:plain

 私,何気にSTARBUCKSのドリップコーヒーは大好きです。「苦み好きの酸味嫌い」の私としては,ちょうど好みに合うんですよね。STARBUCKSのドリップコーヒーに関しては,
「おいしいよね。」
「ただ苦いだけで焦げの味がする」
等,様々な意見が交錯しているようです。もちろん味については好みが分かれて当然ですが,「苦み」「クリアなのどごし」「鼻に抜けるナッツのような香り」をよしとするのであれば,なかなかの部類に入るのではないかと個人的に考えています。

  ゴールデンウイーク直前,ちょうど「僕のケニア」の豆が切れそうになり,以前から気になっていた「Kirkland」ブランドのSTARBUCKS「ハウスブレンド」を試してみることにしました。

f:id:es60:20170507145118j:plain

 Amazonを見ると評価は割れています。値段は「907gで約2000円」。もし家でSTARBUCKSの味が楽しめるのであれば超格安となります。

f:id:es60:20170507145105j:plain

「失敗してもともと」
というお気軽な気分で発注してみることにしました。

 

見た目は残念,味は…しっかりSTARBUCKS

 早速届いた緑の袋。…大きい・・・。
「冷凍庫に入るかな?」
と考えてしまうレベルです。さすがに900g。

  開封してみると…
 すぐさま焙煎された豆の香りが強く立ちます。よく,
STARBUCKSの中煎りは他の店の深煎り程度」
という言葉を聞きますが,正にそれ。豆の色艶といい,その香りといい,かなりの煎り具合を感じました。よく「焦げ臭い」という感想を目にするのは,きっとこの焙煎具合も関係しているのでしょう。

  実際の豆の様子はただただ残念。豆の大きさも不揃いですし,豆が割れたカスのようなものも結構含まれています。私がこれまで購入していた地元のお店の豆であれば,どれもか粒ぞろいでしたし,その見た目にちょっと引いてしまったくらいです。
「豆の品質,産地,等級」
というものの差を目の当たりにした気分になりました。まあ,アメリカでごく日常に大量消費される大衆のコーヒーという位置づけなのでしょう。

  豆の産地は「ペルー」。気になっていた消費期限は9月中旬。長めでほっとしました。

  肝心の味は…なんとしっかりSTARBUCKSのドリップコーヒーです。これには正直驚きました。しっかりとした苦み,鼻に抜けるような爽やかな香り,酸味が抑えられのどごしのいいさらっとした飲み口。店頭の味そのものです。
 いや,そのときの体調や季節,アイスかホットかなどで味の調整が出来ることを考えればそれ以上といっても過言ではありません。
「えっ,これで907g,2000円? 今までのコーヒー豆の値段って何だったの?」
と,そのコストパフォーマンスの良さに驚愕です。

 

豆の品質と味の逆行にこれまでの概念が崩れる

 このゴールデンウィーク中,毎日何杯もこのコーヒーを飲みました。それでも味の評価は変わりません。「苦めですっきり,酸味弱め」が好みの方であれば,非常に評価は高くなると思われます。

  しかし,納得できない部分もあるのです。
 まず豆の品質。結構安いものを使って,焙煎なども日本のお店のように丁寧に行われていないことは明らかです。計量スプーンですくったときも,何か豆が「スカスカ」して軽い印象がするんでいるよね。中身が詰まっていないような…まあ,これは焙煎の度合いが強く,相対的にそのように感じるのかもしれません。これまでは中煎りの豆を購入することが多かったのですので。

  お湯を注ぐときにも素性がばれます。豆の吸水力が弱いのか,なかなか膨らんでくれないのです。これまでの感覚でお湯を注ぐと味が薄くなるかな…と直感するような状態です。なるべくお湯を逃がさないように,少しずつ注いでいく感覚が必要だと思いました。

  しかし,しかしなのです。淹れたコーヒーを飲むと「おいしい」んですよね。何なんでしょう,この逆行する感じ…
 これまでは,「等級が高く粒が揃っている豆を丁寧に焙煎したもの」=「価格が高い豆」がおいしいと信じていましたし,実際にいろいろなお店から購入してみるとそのような傾向にありまた。しかし,このSTARBUCKSの豆は,その概念を崩してしまうのです。

  もちろん「僕のケニア」のようなフルーティーな味や香り,こくの深さはありません。しかし,濃厚なコーヒーは1日に何杯も飲んだりすると飽きてきたりもします。しかし,ハウスブレンドには「飽きが来る」という感覚が無いんですよ。
 また,このハウスブレンドの苦みやクリアさは「アイスコーヒー」にぴったりだと思います。まだ試してはいませんが,間違いなく合います。これまでの08coffeeの豆は,アイスにすると苦みが足りなくて物足りなかったのです。
「苦みやクリアさをベースにしながら,どんな飲み方にも適応する」
という考え方では,ハウスブレンドは実に守備範囲が広い。この点でもかなり評価が高いです。

 

自分なりの工夫をしながら…

 このSTARBUCKSの豆をよりおいしく淹れるためには次の2点が不可欠と感じました。

①お湯の注ぎ方
 前述したとおり,保水力が無い豆のため,お湯の注ぎ方が味を決定します。出来るだけ少しずつお湯を注ぐことが何より重要だと感じました。そこで,以前にも紹介した「雫」の出番です。 

es60.hatenablog.com

 この「雫」,職人技によって注ぎ口の先端が極限に細くなっており,本当に極細の状態でお湯を注ぐことが出来るのです。フィルター内にお湯を貯めすぎてドリップを速めてしまわないようにという手間をかけてやることで,苦みと香りが生きてきます。
 Amazonを覗いたら,私が購入したときよりもかなりお安く販売されていますね〜。くやしい! 

 

②豆の量

 「苦み」を好む方であれば,通常の量よりもやや多めの豆を使用なさることをお勧めします。油断すると水っぽくなりがちですので,自分の好みの豆の量を研究してみましょう。私も今後に向け,アイスコーヒー用の豆の量を試行錯誤しながら追求しようと考えています。

  私の懐具合と味や汎用性とを考え合わせると,このハウスブレンド,非常に魅力的です。もしかするとこの豆をメインに今後のコーヒーとの付き合いを続けていくことになるかもしれません。
 苦めが好みの皆さん,1回ダマされたと思って飲んでみてください。お薦めします。

 

 

 

 

 

Liveで生きる「藤原さくら」さん〜新譜「PLAY」に期待!〜

映画「3月のライオン」のエンディングで染みた「春の歌」

 先日,映画「3月のライオン 後編」の感想を書きました。

f:id:es60:20170506163515j:plain

  感動的な映画のエンディングで流れた藤原さくらさんの「春の歌」。実に心に染みました。やはり藤原さんには,アコースティックな曲がよく似合います。以前に藤原さんの曲をカスタムIEM「ES60」で聴いた感想もアップしていますので,よろしければご覧ください。

 

es60.hatenablog.com

 

 YouTubeには,藤原さんのLive映像がたくさんアップされていますね。「春の歌」で印象的なのはこちらの動画。


藤原さくら - 「春の歌」 Live at Bunkamura Orchard Hall 20170218

 どうですか? この若さでこの雰囲気を出せる人っていますかね?

 藤原さんにはとてつもない可能性を感じます。あまりショーアップされない程度に,藤原さん本来の「スモーキーな雰囲気」を大切にした,本当に歌いたい歌を歌っていってもらいたいと願っています。

 

新譜「PLAY」に大きな期待

 そんな藤原さんですが,5月10日にニューアルバム「PLAY」を発表しますね。ドラマ「ラヴソング」の劇中歌で一躍有名になった彼女ですが,「Soup」をはじめとした発表済みの曲が多めなのは気になりますが,新曲に大いに期待です。

 以前にも書きましたが,「Soup」のような,いかにも一般受けを狙った曲調は本来の藤原さんの歌ではありません。これまでに発表されたアルバムのような,アコースティックでちょっと湿り気があり,藤原さん独特のスモーキーヴォイスにぴったりという曲を期待しています。

 こちらでは,「PLAY」の曲をちょっとずつ紹介してくれています。期待通りの曲もありそうでほっとしています。


藤原さくら - 2nd Full Album「PLAY」 【ダイジェストムービー】

 

 ライブ活動の他,先日はLineLiveでの交流も行うなど,積極的に動いている藤原さん。これからも我々に癒やしの歌声を届けてください。

 

 

 

PLAY (初回限定盤)

PLAY (初回限定盤)

 

 

PLAY (通常盤)

PLAY (通常盤)

 

 

 

「3月のライオン 後編」自分を見つめ直すことの出来る傑作!

3月のライオン 後編」を観てきました

 前編に続き,「3月のライオン 後編」を観てきました。いや〜,感動しました。どのような立場の人にとっても,「自分を見つめ直すことの出来る」傑作だと思います。 

es60.hatenablog.com

 前編は,主人公「零」 の生い立ちとそこから生まれる葛藤,引き取られた幸田家との確執,偶然関わり合うことになる川本家とのふれあい,様々な棋士達との盤を挟んだせめぎ合いが重厚に描かれていました。

  それを受けた後編では,零と川本家の二女「ひなた」とのすれ違い,急に舞い戻ってきた父親と対する川本3姉妹の決断,幸田家の子ども達の再出発,タイトル戦に伴う各棋士達の葛藤等,様々なエピソードをふんだんに盛り込みながらも,決して破綻することなく描ききっており,作品そのものの完成度を感じました。

f:id:es60:20170506153535j:plain

 

零と川本3姉妹との関わりから見える「覚悟」

 後編のストーリーの多くを割いているのが,零と川本3姉妹との二つの関わりです。

  一つ目は,二女「ひなた」が関わってしまったいじめ問題。
 「正義」か「妥協」かという普遍的な問題を,実に生々しく描いていました。ひなたの考え方と自分のこれまでの生き様とを重ねて,救われた思いになるとともにひなたへの愛情に気付いていく零。いったんは折れそうになるながらも,家族の支えによって立ち直っていくひなた。
 互いに恵まれない環境の中で,自分の存在価値や生き方を探りながらもがいている様子は,我々にも,
「がんばらないといけない」
というメッセージを届けているように感じました。

  二つ目は,娘達を捨てて出て行った父親が舞い戻ってきたこと。
 娘達を捨てたことを責めることで3人を守ろうとする零,「それでも父親なの…」と親子の結びつきに揺れる3姉妹。絶望的な疎外感に見舞われて「自分には将棋しかない」と追い込まれる零。
 意義詰まるようなせめぎ合いの中,零も,3姉妹も,それぞれの解答を導き出すためにもがき,苦しみます。そして見つけ出した答え。互いを思うこと,自分が自分であることの覚悟…重いテーマなのですが,爽やかに心に染み渡りました。

f:id:es60:20170506153608j:plain

 

「将棋は何も奪わない…」

 将棋に心奪われた人々の心の描き方も見事でした。

 その1 幸田家の子ども達

 プロ棋士になれなかったことで,自分たちの人生がうまくいかなかったことを将棋のせいにしてしまう,幸田家の子ども達。
 長女の香子は,プロ棋士後藤との関係がうまくいかないことさえも将棋のせいにしてしまい,
「すべて将棋に奪われた」
と自暴自棄になってしまいます。そんな香子を諭したのが父。子どもの頃に零に負けた対局を再現し,香子に勝ちの手があったことを指摘します。香子が自ら勝ちを逃していたことを告げ,

「将棋は何も奪わないよ。君があきらめなければ…」
と語りかけます。これを機に前を向き始める香子…

  何事にも解決策はある… あきらめたら終わり… 責任転嫁はいかん… 人生は考え方次第… 等々,厳しくも希望にあふれる描かれ方でした。

 

その2 後藤棋士宗谷名人

 闘病中の妻と将棋との間でぶざまにもかっこよく揺れ動く後藤。他を寄せ付けない力量を見せつける絶対的存在でありながら,そのストレスから聴力に不安を抱えるようになった宗谷
 プロとして,勝負師としての厳しさ,強さ,弱さ等が見事に描かれていました。零も,川本3姉妹との行き違いから「自分には将棋しかない」と視野を狭めてしまう場面がありました。
 しかし,最後には後藤と香子のよりが戻ったり,零と川本家とが和解したりと,「勝負師たる以前の大切なもの」を見つけ出していきます。観ている側に,
「自分の大切なものをしっかりとつかまえておきなさい」
と語りかけているようでした。

 

続編も観てみたい

 この作品,漫画が原作のようです。そちらは観たことがないので何ともいえないのですが,「ぜひ続編が観てみたい」と感じるのは私だけではないでしょう。
 成長した零が川本家の人々とどのように関わっていくのか,棋士としてどのような成長を遂げていくのか…
 楽しみに待ちたいと思います。

  映画のラストシーン後,スクリーンを桜吹雪が流れ,藤原さくらさんの「春の歌」が聴こえ始めました。いい。実にいい。次回は新譜発売間近の藤原さんについてお届けします。

 

MacBook Pro用 PCスタンドが心地いい

「傾斜がない」ことの違和感

 以前,MacBook Pro(Late 2016)本体の傾斜がないことで,ミスタイプが多く感じるという内容の記事を書きました。新キーボードの素性がすこぶるいいだけに,非常に残念に感じたのです。

 

es60.hatenablog.com

 そこで,Amazonからノートパソコン用コンパクトスタンドを購入してみました。

 

快適性大幅アップ!

 購入したのがこちらの品。 

  こちらの商品,OEM品として様々なメーカーから同様の品が販売されているようですので,調べてみてください。
 黒い部分がシリコンゴムでできており,Mac本体を柔らかく受け止めます。また,ゴム中央部にへこみがあり,この部分にMac下部の黒い突起部分をあてがって設置することになります。シリコン故,すぐにほこりが付き,なかなかとれなくなるのが玉に傷でしょうか…私のものも,購入後すぐにこんな感じに…

f:id:es60:20170505090951j:plain

 さて,この商品,Mac下部に設置すると,3㎝ほど高さが出ます。この高さが実に素晴らしい。適度な傾斜となり,キーボード上部に指を運ぶ際の動きがスムーズになります。

f:id:es60:20170505090918j:plain

 私,普段家の中ではクラムシェルモードでの利用が中心で,その際MagicKeyboard2をケースに入れて使用しています。以前のブログでもご紹介しましたが,このキーボードケース,安価な割に非常に使い勝手がいいのです。

f:id:es60:20161225123834j:plain

  mujinaのPCスタンドを設置すると,ちょうどこのキーボードケースを使用しているような感覚で打ち込みに専念することができます。
 やはり人間工学的に,キーボードの傾斜は欠かせないものです。Macに関しては,おそらくそのデザイン上のこだわりからポップアップするようなスタンド部分を内蔵するようなことはしないのでしょうが,ここはAppleにも是非妥協してもらいたいところです。
 実装が無理なのであれば,アップル純正のおしゃれなスタンドを別売りしてもらいたい!お願いしますよ。

 

惜しむらくは設置しづらさが半端ない…

 この商品の唯一にして最大の欠点…それは,設置のしづらさです。
 商品中央のへこみ部分と,Mac下部の突起部分をジャストフィットさせるのが非常に難しいのです。正に「ピンポイント」でジャストフィットさせなくてはならないので…

  両手でスタンドをあてがってからデスクに置いて…などの工夫をしているのですが,スタンド自体が軽いものですので,デスクに置く瞬間にずれてしまうんですよね。一旦デスクに置いてしまうと,スタンドの裏敷きがゴムになっているためにずれることはないのですが,「正しい位置にはめ込むまで」大変なのです。
 こればっかりは指先の感覚で覚えていくしかないようです。Cafeなどで位置が決まらずに何回もやり直しをしているとちょっといらいらしますから…

 

 

今週のAppleニュース⑤(2017.4/30〜5/6 )~第2四半期売上げの結果は? 製品で明暗分かれる〜

 6月5日から開催されるWWDC』に向け,嵐の前の静けさか,今週はやや「相場観」の状態? そんな中,決算報告もあり…

 今週のApple関連ニュースから。

 

Apple,第2四半期決算を発表

 Appleは,5月2日に第2四半期決算を発表しました。

www.itmedia.co.jp

iphone-mania.jp

 大まかにいえば,iPhone→,iPad↓,Mac↑,その他のコンテンツ売上げ↑といったところのようです。

f:id:es60:20170504163310j:plain

 

iPhoneは買い控え?

 発表の中で,iPhone7の販売台数が低迷していることに関してクック氏は「iPhone8発売の噂が影響して買い控えが起きている」ことに言及したようです。

itstrike.biz

 う〜ん,どうなんでしようね。確かにiPhone10周年モデルとしてiPhone8の話題が過熱していることは事実でしょうが,価格が10万円超えのプレミアモデルであること,開発が遅れており手に入るまでに時間がかかりそうなことについても情報が流れています。

 このことを踏まえると,ただ単に「買い控え」とするのはいかがなものかと…

 iPhone7については,その基本的なデザインが殆どiPhone6シリーズと変わらないことや,斬新な新機能がみられなかったことなどによる「期待外れ感」が販売不振に直結していると思うのは私だけでしょうか?

 特に,デザインが4年間変わらないということは,ちょっと信じがたい事実です。Galaxyなどは「見た目」に相当こだわりを見せていますし,他のAndroid陣営も新機種を出すごとに新しいデザインの提案を行っているように感じます。

 ベゼルが広くもっさり感が否めない現スタイルは,やはりiPhone7で改善されるべきだったと考えます。

 

iPadの不振が止まらない…残念!

 気になるのは,相変わらずiPadの不振が止まらないことです。

 個人的には,アップル製品の中で一番使用頻度が高いのがiPadです。まあ,毎日持ち歩いてこまめに触るのはもちろんiPhone7なのですが,明確な目的をもって「使おう」とするということに限れば,iPadがダントツです。特に家の中では。

 ちょっとしたWeb閲覧,ドラマ等の動画視聴(時間的にはこれが一番長い),ネットショッピング等,わざわざMacを立ち上げなくてもいい場合や,映像のビューアーとしての使用では,もっぱらiPadが最優先です。

 皆さんはこれらをiPhoneでやっいるということなのでしょうかね。私は特に「ビューアー」としてのiPadの役割に惚れ込んでいますので,iPhoneの小さい画面で映像を見たいとは思いません。もちろん出先でiPadがない場合には利用しますが。

 文字入力が必要だったり,長時間のWeb閲覧をする場合には躊躇無くMacを使用しますが,明らかに自分の中でiPhone7,iPadMacの使用の「仕分け」が出来ているので,どれも絶対に欠かせないアイテムとなっています。

 もっとiPadの良さを分かってもらいたいなあ。

 

Macは好調…しかし

 MacBook Proが新型となったこともあり,Macの売上げは好調のようですね。

 しかし,15inchモデルのGPU不具合問題,TouchBarモデルのバッテリーもち問題,異音問題,LG UltraFine 5K DisplayのWi-Fi干渉問題等々,これでもかというくらいの問題が噴出しました。

 Macには,いくら新製品といえどもしっかりとした品質管理をした上で発売してもらわないとブランドイメージに傷が付くことの怖さを認識してもらいたいと考えます。   Windows機は,OSの使いづらさ,タッチパネルに関する迷い等,いつまで経っても方向性が定まらないような迷走期に入って久しいと感じていますが,それは開発側の問題で,OSそのものの性能や発表される機体の完成度等は円熟期に入っているようにも感じます。

 相手が勝手にこけてくれている間にApple側がしっかりとしたアイデアをもち,信頼される製品を作り上げないと,そのうち取り返しの付かないことになりそうだと不安を感じるのは私だけでしょうか?

 新型iMac,MacPro,MacMiniだけでなく,MacBook Proのブラッシュアップにも手を抜かず,誰しもがMacら一目置くような開発を進めてもらいたいと思います。