カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

小桜インコの「さくら」〜ようやくちょっとだけ慣れてきました〜

心を通わせるって難しい!

 小桜インコの「さくら」をお迎えして今日で四日経ちました。

 初日は殆ど餌を食べずに心配しましたが,2日目からは夜の挿し餌にがっついてくれるようになり一安心。

f:id:es60:20170807202541j:plain

 一人餌もガツガツと食べています。 

 これまでは常に口をパクパクさせていて不安げな様子でしたか,それも大分無くなりました。

 また,当初はこちらが手を動かすだけで「ビクッ」と大げさな反応をしていたのですが,こちらも大分改善しました。少しずつ「大丈夫」を増やしている「さくら」に感動するとともに,
「動物と心を通わせることの難しさ」
を感じます。

f:id:es60:20170807203956j:plain

 動物たちの好きなこと,嫌なこと。飼い主のしてもらいたいこと,してもらいたくないこと。どのような形で折り合うのが互いにいいことなのかについて,常に考えていく必要があるのでしょう。

「さくらが,家族の前で楽しく遊ぶことができるようになればいいなあ。」
とりあえず今は,そこを目指して世話を続けていこうと思っています。

 

動画も撮ってみました!

 3日目の様子を動画に撮ってみました。


小桜インコのさくら〜お迎え3日目・ようやく少しだけ慣れてきました〜

 

 4日目の今日は,私の周囲で,小物をつついて遊ぶそぶりを見せてくれました。これまではすぐに手元を離れてしまうことが多かったのでうれしく感じた瞬間でした。

 1日ごとになれていくのが分かるこの時期。しっかりと記憶止めておきたいと思います。

iPad復調は本物か?〜Apple第3四半期決算報告発表〜

Apple第3四半期決算報告発表

 Appleから,第3四半期の決算が報告されました。

   結果を見ると,その売上げは好調のようですね。

 そんな中で目を引くのが,「地域別売上げ」で中国の売上げのみ落ちていることと,iPadの売上げが回復傾向にあることです。

f:id:es60:20170805195430j:plain

f:id:es60:20170805195438j:plain

 その他の地域では堅調に売上げを伸ばす中,中国だけは減少していますね。

 これ,「中華スマホ」を使用する人が増えてきているんでしょうかね?中国の方々はやはり自分たちで生産できるようになったスマホを進んで使用したいと考えるでしょうし,なんせiPhoneに比べて価格が大幅にお安いですからね。

 しかも,「Apple」というブランドや「iPad」「Mac」との連携を考慮に入れなければ中華スマホも全然ありなわけですので,この傾向には納得できます。
 もしかすると中国におけるAppleの苦戦は,これからが本番かもしれませんね。

 

iPad復調?

 注目はiPadの動向ですね。

 ここ数年減少の一途を辿っていたiPadの売上げが今期は上昇に転じました。

 記事内では「新iPadPro」を評価していますが,果たしてそうなのでしょうか?この第3四半期という時期を考えると,「新iPadPro」の売上げって,どの程度計上されているんでしょうかね?

f:id:es60:20170806113215j:plain

 私はむしろ,普及版の「新型iPad」の売上げの方が貢献しているのではと考えます。

 低価格でありながら性能は十分ということのようですので,
「Pencilは使わないし,それほどの性能は必要ない」
という方にとっては歓迎される製品に写ったのかもしれません。

 私としては以前にも書かせていただいたとおり,
Airと比較して厚くなった
・液晶性能が劣化した
・重量増
という基本的な部分であまり賛同できませんでしたが…

f:id:es60:20170806113232j:plain

 Appleがこれまでこだわってきた上記3点についてはなんとか死守して欲しかったのです。個人的には「次期普及帯iPad」がこの3点をクリアにして発売されるようであれば,購入するかもしれません。
 でもそのときは「9.7インチ」になるのか「10.5インチ」になるのか?Appleの今後の戦略を知る上でも重要な指標となると感じています

 

 Appleが狙っていたように「教育の場」で新iPadがどの程度普及し,「Proシリーズ」がどれだけ必要とされるのか…

 iOS11がどれだけ魅力的なものになっているかも含めて,iPadの動向から目が離せません!

「この世界の片隅に」を無料で観よう〜Yahoo!プレミアム会員限定企画〜

Yahoo!プレミアム会員限定「この世界の片隅に」が無料で…

 ふとYahoo!動画のサイトを覗いてみると,なんとYahoo!プレミアム会員限定企画として,エントリーさえすれば「この世界の片隅に」が無料で観られるという記事が…

 これはラッキー!

f:id:es60:20170814155450j:plain

 

非常に評価が高い映画でした

 昨年11月に封切られ,当初はそれほど注目されませんでしたが,次第に評価を上げ,現在でも上映している劇場があるほどのロングランを記録しているようです。

 主人公「すず」を中心とする,昭和20年8月の広島の物語。エントリーすれば8/30まで視聴可能とのことですので,私も見てみようと思います。 

 

 Yahoo!の動画って,こちらから情報を閲覧しに行かないと分からないことが多いので,見逃してしまうことも多々あるように感じます。

 オークション利用などでプレミアム会員になっている方は多いかと思いますので,お知らせさせていただきました。

 

iPhonePro(8)にTouchID内蔵ディスプレーは採用されず!

残念,ある意味Appleの敗北ですね

 これまで,iPhonePro(8)の開発の中での最大の壁になってきたであろう「TouchID内蔵ディスプレー」。

 AppleはついにTouchIDのディスプレイ内臓化を諦めたようです。

「iPhone 8」のTouch IDは画面に搭載されないことが確定、仮想ホームボタンは搭載 | iPod LOVE

f:id:es60:20170803145040p:plain

 ここまでTouchIDのディスプレイ内臓にこだわってきたAppleとしては,技術的な問題で搭載できなくなったということは深刻に受け止めているはず。

 ある意味,Appleの敗北です。ここまであからさまに「失敗」したことは近年まれなのではないでしょう?

 

「顔認証」と「電源TouchID」で対応か?

 では,認証システムはどうなるのか?

 記事によると,「顔認証」「電源TouchID」の併用か?とのこと。これまでの情報と重なりますね。本当は「TouchID内蔵ディスプレー」一本で行きたかったのでしょうが,余程歩止まりが悪かったのでしょう。

 「iPhoneProの電源ボタンが大型化している」
という情報を先日お届けしましたが,やはり「TouchID内蔵」という「理由」があったのでしょうか。

  一体どのような形で出てくるのか(Appleがどのような形で妥協したのか)非常に興味があります。

 

「仮想ホームボタン」搭載か?

 更に興味深いのは,「仮想ホームボタン」を搭載するのではないかという点です。

 確かに,画面上のボタンがなくなるわけですので,今更電源ボタンを押してスリープ解除という原始的な方法に戻ることはあり得ないでしょう。

 これまでの「感圧システム」を発展させ,スリープ状態でも画面に圧力をかけると起動するようになるということなのでしょうか?

 下記の記事には,仮想ホームボタンやUI画像が掲載されています。

「iPhone 8」のUI想像、分割ステータスバーに仮想ホームボタン、戻るボタンも | iPod LOVE

f:id:es60:20170804140735j:plain

「誤作動の可能性はないか」など,心配な点はありますが,この方式は来年度以降のiPhoneにも搭載される事柄でしょうから大いに期待したいところです。

 昨日には,「iPhoneProの量産ついに始まる」というニュースも流れました。
 Appleも決断し,ついに発売に向けた動きが本格化してきたようです。

 

小桜インコの「さくら」がやってきた!

小桜インコが家族の仲間入り!

 子ども達が小さかった頃は,オカヤドカリやハムスターなど,小動物は飼育していたのですが,それ以上となると二の足を踏んでいました。

 先日ふと足を運んだペットショップ。生後一ヶ月弱の小桜インコが二羽。

 何ででしょう。なぜか気になってしまったんですよね。数日考えたのですが,どうしてもその子のことが頭から離れず,一昨日,ついに我が家に引き取ることにしました。

 名前は…ベタすぎて恥ずかしいのですが「さくら」としました。雄か雌かは分からないんですけどね。

 

まだ保温ヒーターと挿し餌が必要な子です

 では,我が家の「さくら」をご紹介。

f:id:es60:20170802140433j:plain

 当然まだおっかなびっくりの様子ですが,とりあえず手のひらに黙って乗ってくれますし,頭や身体をなでさせてもくれます。

 ペットショップでは店員さんにかわいがられていたようで人慣れはしているようですが,さくらが私を認識してくれるまではあまり刺激を与えすぎないようにしていきたいと思います。

 

 ペットショップの店員さんが実に親切に様々なことを教えてくれて助かりました。

 「さくら」は静岡県で7月初旬に生まれたとのこと。まだ一ヶ月ほどしか経っていない状態です。

・もうしばらくは保温ヒーターで温めておく必要があること
・挿し餌がようやく1回になり,そろそろセキセイインコ用の小さめの餌の練習時期であること(新聞紙にばらまいておくとのこと)
・挿し餌卒業の頃を見計らってゲージに移していくこと 等

その他の細々としたことと合わせてご指導いただきました。

 

慣れてくれるか心配…

 と,ここまで書いて三日目まで様子を見てみました。

 気になること…

①挿し餌をあまり食べてくれません。

 1日目は殆ど口にせず。返って粟穂の実や新聞紙にばらまいた通常の餌をついばんでいます。

 2日目は,夜にがっつくように挿し餌を食べてくれましたが,割とすぐに飽きてしまった様子。しかし,1日を通して通常の餌を食べているので(1日目以上に)ひとまず安心か。

 3日目。昨日よりはしっかり食べてくれました。昨日と同じく夜のみです。おそらく挿し餌は夜1回のみでいいようです。また,昨日以上に通常の餌をバクバクと食べています。想像よりも移行ペースが早い子かも…。

 本日「電子ばかり」を購入。1日目は殆ど食べなくて心配しましたので…。朝→昼→晩と測りましたが,39.5g→38.5g→40.5gと上昇傾向で安心しました。とりあえずしっかり食べてさえくれればと願っているところです。

 

②周囲の状況にビクビクです

 当然かもしれませんが,周囲の状況一つ一つにビクビクです。当然名前を呼んでも来てくれませんし,指を出しても乗ってくれないことも何回か。1回手に乗ってくれると,おとなしくはしてくれるのですが…
 これ,しばらくすると本当に慣れてくれるんですかね。少々心配になってきました。個体によってはいつまで経っても慣れないものあるとか。なんとかお願いしますよ,さくらさん。

 

 本当は今しか撮れない写真や動画なども撮りたい気持ちは山々なのですが,スマホを向けると「ビクッ」とおびえますので我慢の子。

 もう少し慣れてくれたら撮らせてくれるかな…

MacBook Pro(Late 2016)をクラムシェルモード化して使用〜バッテリーの状態をご報告⑧ 2017/07

 MacBook Pro(Late 2016)を購入して7ヶ月。ここまで,普段は電源に繋げっぱなしのクラムシェルモードでLG UltraFine 5K Displayに接続して利用しています。

 「繋げっぱなし」ということでバッテリーの状態はどのように変化していくのかをお届けしていくこの企画。第8弾です!

 

これまでとは異なる傾向に…

 まずは7月末のデータを。

f:id:es60:20170803142049j:plain

 月末のデータとしてはこれまでよりやや減少傾向ですが,ここまでに至る経過としては,やや異なる道筋を辿りました。

 これまでは,前の月末の「フル放電」後はデフォルトよりもやや低い数値で月半ばなで推移し,月末に盛り返すという経緯を辿る月が続いていたのですが,7月は4300mhを超える数値で月半ばまで推移し,それ以降は4300を割り込む数値で経過しました。

 月末までは4270mh平均できて,フル放電直後の数値が今回の「4294mh」です。グラフにすると,

f:id:es60:20170803142540j:plain

こんな感じに。

 ごくわずかずつではありますが,減少傾向といえるでしょう。

 これ,皆さんのMacと比較してどんなもんなんでしょうね。比較対象がないので,この推移が通常なのか,電源に繋げっぱなしということで悪化しているのか判断できないのですが…

 これまでもアップダウンを繰り返しながら来ましたが,月末のデータに限ってみれば,初めてデフォルトの標準値を下回ったことになります。まあこれまでも4200mh台だったことが結構多かったので気にするほどのことではないと考えてはいるのですが,このまま急速に下落しないかという点にいてはやはり気になります。

 この壮大なる(?)もここにきて緊張感を増してきました。(個人的に・笑)

 

iPhone7+マクロレンズ が面白い!

iPhone7+マクロレンズが面白い!

 iPhone7での撮影に興味を持ち,Amazonでクリップ式のマクロレンズを購入しました。

f:id:es60:20170801180908j:plain

f:id:es60:20170801180917j:plain

f:id:es60:20170801180927j:plain

 あっ,全く関係ありませんが,三枚目だけ「iPadAir」のカメラで撮影したもので…これだけ見ても明らかにiPhone7で撮影した写真の画質がいいのが分かりますね〜。感心,感心。

 いや〜,これ,面白いですね。
 デジタル一眼でマクロ撮影するとなると,もちろん単体の「マクロレンズ」の出番となりますが,Canon純正ですと8万円以上となるわけで。私も以前100㎜のLレンズをもっていましたが,使用頻度を考えて売却してしまった経験があります。

 たった1000円ほどのものですからたいしたことは無いだろう…と軽い気持ちで注文してみたのですが,いやいや,なかなか…

 セミの抜け殻とあじさいの写真を撮ってみたのでご覧ください。

f:id:es60:20170801182115j:plain

f:id:es60:20170801182129j:plain

f:id:es60:20170801182220j:plain

f:id:es60:20170801182144j:plain

 ねっ,結構面白いでしょ?

 バックもうるさくなく,結構いい具合にぼけてくれる上に,ピントがそれほど浅くなくてシビアではない様子。気楽に使えそうですね。

 ちなみに,iPhone7の標準のレンズで撮影したあじさいがこちら。

f:id:es60:20170801182510j:plain

 スマホカメラとしては悪く無いとは思いますが,「面白み」という点ではマクロレンズにかないませんね。

 

 ちなみに,「ピンが浅くない」ということで,
マクロレンズで動画撮影したらどうだろう…」
と思い至り,ためしてみました。セミの抜け殻とあじさいの動画,私としてはちょっと興味深いなと感じています。


セミの抜け殻・マクロレンズ


あじさい・マクロレンズ

 まお,先日ご紹介した3軸ジンバルの「Zhiyun Smooth Q」では,微妙なピント調整が難しかったため,iPhone7を手持ちで撮影しております。