読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2017 1〜3月期 テレビドラマ展望②

TVドラマ・映画

さてさて,どれを観ようかな?

 いよいよ2017年の第一クールが始まりますね。楽しみです。

 「ドラマ不況」といわれながら,今クールもたくさんのドラマが待機状態。うれしい限りです。

 

 とはいえ,これらすべてのドラマを観る時間も残念ながらありませんし,内容的にも最後まで継続できそうにないものに出会うこともあります。

 私は,通常5,6作品の継続視聴ドラマを選択することにしています。だからこそ,第一回目の手応えがとても重要です。ここで自分に合いそうになければ思い切って切り捨てます。それで後悔したことはあまりありませんので,初回のフィーリングってとても大切ですね。

 

 ちなみに,オンタイムでは殆ど観ません。今は各テレビ局がネットの無料放送を提供しています(一週間限定ですが)。それを活用して,時間のある週末や帰宅後の時間等,自分の中で観賞用の空き時間をつくるようにしています。

 

 これをやり出してから,

「やりたいことを中断してドラマを観る」

ということがなくなり,時間を有効に使えるようになった気がします。

 

まずは第一候補

 ドラマが始まる前に,作品の概要や出演キャストなどを考慮し,

「これは継続して観ることになるだろう」と推察される第一候補群と,

「もしかするとツボにはまるものかあるかも」という第二候補群に大まかに分けてしまいます。

 その上で第一回目に注目して,実際に観る作品を決めるのです。

 

 今回私が「第一候補群」と見立てているのは,

・「嘘の戦争」フジ

・「カルテット」TBS

・「東京タラレバ娘」日テレ

・「お母さん,娘をやめていいですか」NHK

・「A LIFE」TBS

です。

 

期待の2作品と安定の1作品

 その中でも,期待しているのは,

「カルテット」と「お母さん,娘をやめていいですか」です。

 

 「カルテット」は,主人公の4人が魅力的。

f:id:es60:20170106194241j:plain

 松たか子満島ひかり高橋一生松田龍平の4人です。

 また,音楽家としてカルテットを組むこの4人の関係がミステリータッチに描かれるとのこと。TBSお得意の分野なのでは…

 どろどろとした部分を,松さんがどの程度深く演じ切れるのか,期待しています。

 

 「お母さん,娘をやめていいですか」は,波留さんと斉藤由貴さんの親子間のどろどろの愛憎劇ということ。NHKがどの程度振り切れるのか,楽しみです。

f:id:es60:20170106194309j:plain

 また,波留さんは,朝ドラの前向きで気丈な役柄を契機に,フジの「ON」では自己の心理的な内面に苦しむ刑事役,日テレの「世界一難しい恋」では自分の理想に突き進みながらも偏屈な社長を理解していこうという役など,実に多様な役柄を演じてきました。

 今回は,母親と恋人を取り合う役…いったいどのように演じるのか,本当に楽しみです。

 

 安定の一作品とは,「嘘の戦争」です。

f:id:es60:20170106194337p:plain

 この作品は,以前の「銭の戦争」の第二弾的な位置づけということ。草彅さんの演技力と前作の実績からいって,外すことはないと踏んでいます。

 ちょっと心配なのが,水原希子さんの演技。うまくはまってくれたらいいのですが…

 

外してほしくない2作品

 逆にちょっと不安なのが以下の2作品。

 

 東京タラレバ娘は,前クールの「校閲ガール」のように,ばたばたとしているだけにならないでいただきたい。

f:id:es60:20170106194408j:plain

 私は「榮倉奈々さん」の演技力を高く評価しています。いつもであれば主役級の榮倉さんが2番手の位置づけ。この意味合いが心配なのです。

 制作側は,吉高さん,大島さんに挟まれてガチャガチャしただけに終わらず,是非とも2番手にわざわざ榮倉さんを起用したことを納得させるような役に仕上げてもらいたいと思います。

 

 「A LIFE」は,木村さんの空回りにならないように願います。

f:id:es60:20170106194434j:plain

 噂では,木村さんの相手役等,キャスティングで相当もめたようです。また,ドラマの内容も,かつての全盛期の木村さんが演じたような正義感あふれる医師役が活躍するものになるとのこと…

 スマップ解散直後のこの時期ですので,今までのようなごりごりの「木村節」はちょっと敬遠したいかな…なんて思ったりします。

 弱さを抱える,もっと人間味あふれる木村さんの姿をこれからは期待したいのですが…

 

 次回は,第二候補群のご紹介。