読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

SONYの凋落〜日本製スマホの未来はないのか?〜

SONYスマホの売り上げ大幅ダウンだそうです…

 いや〜,iPhoneを利用している私が言うのもなんですが,

「寂しいですね…」

f:id:es60:20170205160502j:plain

ggsoku.com

 やはりアンドロイドというOS自体が広く全てのメーカーに門戸を開いており,スマホの性能自体が飽和点に近づきつつある現状を考えると,ある特定のメーカーが,長期政権をとることが,今後益々困難になってくるのでしょうね。

 

Samsungだってあやしい…

 アンドロイドの雄,Samsungも,足元がふらついているようです。

kankokukeizai.net

 バッテリー発火問題があったものの,主な要因はそこではなく,やはり中華製品の台頭によるもののようです。

 記事内にあるメーカーシェアーを表す折れ線グラフを見ると,Samsungだけが急降下しています。つまり,アンドロイドという,機能的には同じ機体を購入する際,より安価なものを求める消費者が多いということなのでしょう。

 

 一昔前であればけ,機能面でSamsungSONYの優位もあったでしょうが,今となってはそこそこの機体であれば,一般的な利用方法で見劣りする部分もなくなっているのでしょう。

 

その中で光るiPhoneの優位性

 その中にあって光るのが,やはりiPhoneの優位性ですね。

f:id:es60:20170205161546j:plain

 アップルという一社の独自イデオロギーで作られている故の,アンドロイドとの相違性。

「なんでも雑多にできるから勝手に使ってね。」

といった感じのアンドロイドとは異なり,

「ある程度はアップルでレールを敷きますが,その代わり使い勝手はお任せを。感性に響くいいものを届けますよ。」

という考え方。そこに惹かれる人々は,なかなか積極的にアンドロイドには移行するとは思えません。そこに,iPadMacとの連携というメリットが加わるのであれば尚更です。

 

 以前に比べると圧倒的にシェアを落としているiPhoneですが,今後長期的に見れば,現在のシェアを守っていけそうなのはやはりiPhoneのみだと言えるのではないでしょう。

 

それでも日本製品の復活を望みたい!

 それでも,それでもです。日本のメーカーにも頑張っていただきたい。液晶やメモリといった部品では強みを見せる日本ですので,なんとか「パッケージ」として魅力的な製品を作っていただきたい。

 なんて,勝手に思ったりする今日この頃です。