読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

アーチストとしての乃木坂46⑥〜17th「インフルエンサー」〜

戦略的なダンスナンバー「インフルエンサー

 乃木坂46の3月22日にリリースされる17thシングルのタイトルが
インフルエンサーと発表され,先日MVも解禁されました。

f:id:es60:20170304115452j:plain

 リリースされますとショートバージョンへと切り替えられますので,フルバージョンをご覧になりたい方は今のうちにどうぞ。


乃木坂46 『インフルエンサー』

 MVを見ると分かりますが,とにかく振り付けの動きがスピーディー。特に手の動きですね。難易度も相当だと思います。トータルのハードさは「命は美しい」の方が上だと思いますが,それにしても通常の乃木坂のイメージとは異なる意欲作といえます。

 

 スローでマイナーな曲調が多い乃木坂にしてみれば,曲そのものもこれまでにないタイプのもの。これほどダンサブルなものは,少なくともシングル曲の中にはこれまでなかったのではないでしょうか?

 明らかに,意図的にこれまでとは違う方向に舵が切られた印象を受けます。これが「乃木坂らしさ」なのか…と問われれば違うような気もしますが,前回ブログにも書いたように「模索期」の現状からすれば,これまでとは違った乃木坂の魅力を表現したいという運営側の思惑は理解できます。

 

クール&ビューティー

 「インフルエンサー」とは,「大きな影響力をもたらす人や物」ということだそうで…

f:id:es60:20170304120244j:plain

 歌詞は,まだ会話さえもしたことがないが,心から離れない女性への思いを表現したもの。「Boom Boom Boom…」という乃木坂46らしくないリズムの連呼からはいる曲ではありますが,歌詞の「切なさ」や曲調の「マイナーさ」は引き継いでいるところに,なぜかほっとしてしまいます。一聴しただけでは,

「ついに乃木坂46もAKB化か?」

と,焦ってしまいましたから。

 

 年齢も重ね,メンバーの写真集が立て続けに発表になるなど,メンバーの持つ「美」を前面に出そうとしている気配がうかがわれる昨今,「クール&ビューティー」を売りにする曲を発表するのは,ある意味必然だったのかもしれません。

 

どのように受け入れられるか?

 さて,どのように受け入れられるでしょうね,この曲。

f:id:es60:20170304120849j:plain

 また,気になるのが,カップリングの曲です。私にとって,表題曲以上の良曲があることが,「アーチストとしての乃木坂46」最大の魅力です。前作のカップリング曲には残念な思いをしましたので,良質な曲を期待したいところ。

 乃木坂46の「カップリングの魅力」に突いても,後日お伝えできたらと考えています。

↓ 「インフルエンサー購入情報」

http://books.rakuten.co.jp/event/nogizaka46/?scid=af_pc_etc&sc2id=359029472