カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

えらいこっちゃ! iPhone8搭載「A11」 テスト生産に失敗?

本当だったらえらいこっちゃ!

 様々な憶測が流れ,そのたびにAppleファンをヤキモキさせるiPhone8に関する情報ですが,ここまでは「TouchID内蔵ディスプレイ」に関するものが主でした。
 「ディスプレイの歩止まりが追いつかず,背面TouchIDになるようだ…」「いやいや,やはりディスプレイ内蔵の目処が立ったようだ…」という二つの説が交互に押し寄せる形となっていましたが,そちらはどうやら「ディスプレイ内蔵型」で収束して一安心していたところでした。

 しかし,ここに来て肝心のCPU「A11Fusion」の生産に関するトラブルについての記事が来ています。

 本当だったら,これ,大変なことじゃないですか?

f:id:es60:20170513152927j:plain

 

5月第4週に再テスト?

 順当なら搭載されるはずの「A11Fusion」プロセッサについては,以前に書かせていただきました。

 これによると,「10nmのプロセスルールを採用」し,省電力化も図られるとのことでした。A10が非常に高性能なプロセッサだったため,A11にも大きな期待を寄せていたのですが,前述の記事によると,その「テスト生産」が不調に終わったとのことです。

 「5月第4週に再テストが行われ,6月第2週にその結果が出る」という,非常に具体的なタイムスケジュールも記載されていることから,真偽のほどが非常に気になりますね。

 

生産の遅れはあるのか? 

 以前から,iPhone8に関してはその生産の遅れが幾度も取り沙汰されてきました。しかし最近になって,どうやら大量生産の目処が立ち,従来通り10月の発売が可能になったとの報道があったばかりです。

 もし今回のA11Fusionの開発遅滞が事実だとすれば,「iPhone8のみ発売がずれ込む」というかなり以前の情報通りとなり,「iPhone10周年記念モデル」として発表されるiPhone8の船出が怪しいものになってしまいそうです。

 様々な騒動があったものの,結局は間に合わせてくるあたりにAppleの威信を感じていたのですが,今回はどうなるのか?
 CPUといえばすべての製品の中枢ですので,「遅れました。済みません。」ではそれこそ「済まない」と思うのですが…

 ただでさえ「iPhone7SはA10据え置き」という記事でがっかりしているところですので,これ以上CPU関連で残念な思いはしたくないと強く願っているところです。

 

es60.hatenablog.com