カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Mac 地図アプリの存在意義について考える

私が「Yahoo!Map」を常用する訳

 皆さん,Mac純正の地図アプリ使っていますか?
 先日こんな記事を見かけました。

 iPhoneベースで考えると,純正アプリを積極的に利用するメリットはあまりないように感じます。GoogleMapは「王道」ですし,最近では「Yahoo!Map」の評価が非常に高いです。

 かくいう私は,Yahoo!Mapを使用することが多いです。そのたった一つの理由は,
「細かい番地まで表示してくれるから」
ということ。

f:id:es60:20170603143203j:plain

 仕事柄,個別にお宅を訪問する機会があるのですが,最近のご時世の中でとても困るのが,
「表札がない」
ということです。防犯の意識の高まりから,個人情報としての名字の表示を避けている家庭が非常に多いんですよね。
 純粋に自宅を探していると,これ,非常に困ります。特に住宅が密集している地域では,ある意味致命的です。宅配のお仕事をなさっている方々のご苦労,お察しいたします。

 GoogleMapにしても,AppleのMapアプリにしても,「何丁目」までは地図上に数字で表記されますが,「番地」は表示されないんですよね。これに対してYahoo!Mapはそれが可能。一目で各番地が確認できて非常に便利です。

 

正直,純正Mapアプリが使えれば好都合

 また,最近のYahoo!Mapは,Yahoo!お得意の様々な機能連携を図り,「天気情報」「乗り換え案内」「店舗情報」等,Yahoo!Mapから多岐にわたる機能を利用できるようになっています。
 これ,一度その利便性を知ってしまうと,なかなか戻れないレベルですよ。

 しかし,しかしです。Macとの連携を考えると,状況が少し変わってきます。
 GoogleにしてもYahoo!にしても,MacやPC上の地図が使いづらいんですよね。また,iPhone等の他端末との連携も大きな不満が残ります。

 その点,AppleのMapアプリは,地図情報をすぐさまiPhoneiPadに送ることができたりと,「連携」という観点ではダントツの強みを誇ります。
 いや〜,悩みどころです。

f:id:es60:20170603144939j:plain

 

現状,使い分けが必須か? がんばれApple

 という訳で,現状では地図情報を使用する状態によっての使い分けが必要だと考えています。

 iPhoneで完結するような使い方だったらYahoo!Map一択。
 Mac上で検索した情報を他端末に送るような場合は純正Mapアプリ。ただ,細かい番地が必要な際は,面倒だがYahoo!Mapの情報を送付。
というところでしょうか。

 今後,正確な地図情報,データベースの拡大,細かな番地表示等,アップデートを重ねて,Mapアプリには是非とも「常用可能」と思わせるだけの力を付けてほしいと願っています。

 …まあ,先行する2強が強すぎて,なかなか思うようには行かないかもしれませんが…

 がんばれ,Apple

紙媒体の地図…衰退の一途

 と,書き終わったときに,以下のような記事が出ていました。

 まあ,そうなりますよね。しかし,紙媒体には独自のよさもあるはずですので,何とか生き残りを図っていただきたい。
 手帖業界がスマホとの連携に生き残りをかけているように,
「紙媒体の地図に埋め込ませた情報をスマホで読み込むと…」
などという新たな情報収集の仕方も提案できるのではないでしょうか?

 このまま手をこまねいていては,じり貧ですよ!