カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「Beats X」今更買ってみた!〜その意外な実力と不満点①〜

今更ながら「BeatsX」を買ってみた

 今更ながら「Beats X」を購入しました。

f:id:es60:20170714164940j:plain

 もちろん以前からAirPodsも考えていたのですが,その「遮音性の低さ」から躊躇していました。また,6週間も待たなければいけませんし…

 用途としては,Cafe等の出先での気軽なリスニングやiPadの動画視聴での利用です。AirPodsの遮音性では,Cafeや外出先での利用に実用性がありません。

 さて,その実力は?

 

意外,BeatsXらしからぬフラットな音質

 この値段の,しかもBLUETOOTHイヤホンですので,音質に大きな期待はしていなかったのですが,いやいやどうして。なかなかのものだと思います。

 Beatsといえば「低音ズコズコ」というイメージだったのですが,様々なレビューの中で「Beatsらしからぬ」という記述を多く見かけました。実際に聞いてみると,非常にナチュラルで「やや低音寄りのフラット」という印象です。

 また,分析的な音質ではなく「リスニング」に大きく振っている印象なのですが,決して解像度が低くてどうにもならないというものではありません。この価格帯としては細やかな音もしっかりと聴かせてくれます。

 私,実は「EarPods」の音質はなかなかなものだと考えているのですが,その音に厚みをもたせ,やや低音寄りにシフトしたような音です。実に自然で破綻のない音なのです。

 どれだけ聴いても聴き疲れしない「AirPods」よりは若干聴き疲れ感を感じます。遮音性を求めるために音量を上げていることや,AirPodsよりも低音が強いことがその理由ではないかと考えます。

 

遮音性は問題なしだがやはり鬼門はイヤピース

 一番の購入動機の「遮音性」はバッチリです。

 もちろんノイズキャンセリングではありませんので音が出ていないと外部の音が入ってきますが,ある程度の音量で曲が流れはじめますとCafe等であれば,十分に遮音してくれます。

 以前にノイズキャンセリングヘッドホンに関する記事をアップしたのですが,その際の不満点は以下の2点でした。

①「ノイズキャンセリング」といっても,かなりの音が入ってくる。
②音質が悪い。

 

 Beats Xをこれに当てはめて考えてみると,

・曲が流れてしまえばノイキャン機と同等
・以前試聴した4万円のベストセラー機よりも音質がいい

ということです。特に音質の違いは絶対的で,値段が半分以下なのですからいいことずくめですよ。

 

 しかし,これは個人的なことだと思われますが,予想通りに付属のイヤピースはぴったりくるものはありませんでした。私は「大」を使用していますが,これでもずれ落ち感があります。

 コンプライにするとずれ落ちはなくなるのでしょうが,これまでの経験からすると私にはきっと籠もって聞こえるようになるはずです。Westoneのスターチップくらいの「ゆったりしているがずれない,しかも籠もらない」という音が好みなんですよね。

 

 と,私が重要視した項目に関しては非常に満足度が高いです。

 しかし,実際に使用してみますと以外な不満な点も出てきましたので,これに関して次回紹介したいと思います。