カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「コードブルー3rdSEASON」の一人勝ち?〜2017 7〜9月期ドラマ 異変あり!〜

安定の「コードブルー3rdSEASON」,それ意外は…

 2017年度の7〜9月期ドラマがスタートしました。 

 安定の「コードブルー3rdSEASON」。でもそれ以外は…

 

 

 …見応え感のあるドラマが少ないように感じませんか?

 「骨太感」のある社会派ドラマ,「引き込まれるような」恋愛ドラマ,「ジェットコースターのように翻弄される」サスペンスドラマ…今期は少々物足りない印象です。

 

期待通りは「コードブルー」,おまけして「愛してたって,秘密はある。」「黒革の手帖

 ここまで唯一「期待どおり」と太鼓判を押せるのは「コードブルー3rdSEASON」です。

f:id:es60:20170722131049p:plain

 初回は,メインとなる5人が,経験を重ねることで仕事に自信を深め,責任ある仕事をしている様子が描かれました。また,その演技からは,俳優としての5人それぞれの成長が感じられ,「シリーズ化」されているドラマだからこそ感じられる「歴史」を感じることができました。

 特に成長を感じたのは新垣結衣さんです。真面目な性格と仕事ぶりを評価され,現場を仕切るチーフとして活躍する「白石 恵」。
 初回で描かれた祭りの事故現場での仕切りも,これまでの白石だったら出ていたであろう「迷い」はなく,縦横無尽の活躍ぶり。

 しかし,人員不足解消のために山P演じる「藍沢 耕作」に救急救命に戻るように伝える際にはぐだぐだに…

f:id:es60:20170722131004p:plain

f:id:es60:20170722131214p:plain

 押しの弱さという「個としての個性」の描き方はそのままに,仕事面では自信をつけている様子をごく自然に描こうとする脚本と,それを見事に演じ切った新垣さん。おそらくSEASON1・2では,このような演技はまだ難しかったのではないかと思います。

 「演技の力感」が出てきたとでもいうのでしょうか…最近の新垣さん,急成長を遂げているように感じます。

f:id:es60:20170722131027p:plain

 逆に山Pは,前シリーズでも感じていた「重厚感」「深み」の不足から脱却できていないように感じました。

 自分の気持ちをなかなか素直に表現できない藍沢。「その内面」を描き切れていないのです。「ただブスッとしている」というところからどれだけ脱却できるかが,今後のドラマ全体の深まりに大きく影響していくと思われますので,山下さんは頑張りどころだと思います。

しかし,初回終盤に(シークは別々でしたが)互いを認め合う台詞がありましたね。

白石「どこにいたって,あなたは絶対命から逃げない。」

藍沢(救急救命に戻ってきた理由を問われて)「お前がいるから…」

 認め合う2人。これからどのように交わっていくのか,楽しみです。 

 

「愛してたって,秘密はある。」は今後の脚本次第

 今期の数少ない「サスペンスもの」で期待できるのは「愛してたって,秘密はある」でしょうか。

f:id:es60:20170722134454j:plain

 「父殺し」という過去をひた隠しながらも成功を収めつつある「奥森 黎」を演じる福士蒼汰さん。その婚約者で検察のお偉いさんを父にもつ「立花 爽」を演じる川口春奈さん。どちらも今が旬の俳優さんの演技がとても瑞々しい。

 注文を付けるとすれば,どちらもやや演技の「深み」が足りない気がします。

 福士さんは,過去の犯罪を抱える闇の深さと不安感をより重厚に表現していく必要があると感じます。
 川口さんは,何不自由無い恵まれた環境で育ってきたお嬢様を好演していましたが,やや一本調子の面あり。今後の黎のトラブルにさいし,どれだけふさわしい演技ができるかが鍵になりそうです。

f:id:es60:20170722134506j:plain

 それだけに,主演の二人の演技はもちろんのこと,「脚本」の影響力は非常に大きいと感じます。観ている者を引きつけるような脚本が書ければ,若い2人が「乗ってくる」ということも考えられますね。

 おや,このドラマ,企画・原案がむ秋元康さんなんですね。脚本の桑村さや香さん,頑張ってください。期待しています。

 

「ごめん,愛してる」の今後が気になる

 「ごめん,愛してる」に関しては,ちょっと意外でした。

 どこが?というと,もっとミステリータッチの作品かと想像していたからです。意に反して「ヒューマン系」でしたね。

 TBSのヒューマン系といえば,「わたしを離さないで」が思い浮かぶのですが,あの作品,あまりにテーマが重すぎて見ていてつらくなる部分があったんですよね。

 本作はそこまでは行かないものの,「報われない愛情」を求めていく2人が…という展開ですし,最終的には長瀬さん演じる「岡崎 律」が死んでしまうことが決定しています。どこに救いを求めればいいのか…今後の脚本が非常に気がかりです。

 気がかり…といえば,ヒロイン三田 凜華を演じる吉岡里帆さん。どうも魅力を発揮できていないように思えるのですが…。なぜなんでしょうか? 今のままでは,
「別に吉岡さんじゃなくてもいいんじゃないの?」
という声が上がりそうでもったいない。

f:id:es60:20170722140103j:plain

 もう少し癖のある役でないと生かされない女優さんなのかどうか。これ,吉岡さんにとって結構頑張りどころなのかもしれません。

 

結構なすごみを演じる「黒川の手帖」武井咲さん

 ドラマが始まるまで,
武井咲さんがこの役を演じきることができるかな?」
と感じていた「黒川の手帖」。

 意外とすごみを出して演じていたと思いませんか? 武井さん。f:id:es60:20170723162838p:plain

f:id:es60:20170723162846p:plain

f:id:es60:20170723162855p:plain

 やはり演技力が付いてきていますね。この作品を最後まで演じ切ることで,更に実力を高めてほしいと願っています。さてさて,どのような「原口元子」を演じるのか…楽しみです。