カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

MacBook Proのスタンド 画期的な商品を発見!〜フォルダブル(Foldable)〜

意外と重要,MacBook Pro用の「スタンド」

 MacBook Pro(Late 2016)を使用していて次第に気になってくるのが,
「キーボードの傾斜」 
です。

 MacBook Proは,その形状のため,キーボードに傾斜が殆ど付いていません。その不満が次第に積み重なり,ついには我慢できないところまで来てしまう…という方も多いのではないでしょうか。

 私は新型MacBook系のキーボードは,そのタイプ感,打ちやすさ等を含め,非常にレベルが高いと評価しています。しかし,やはりタイピングする際には,キーボード上部が高くなっている方がいいのは,おそらく人間工学上明らかなことなのではないでしょうか?

 その点を改善するために,以前にお手軽なスタンドを紹介しました。これまで私も,MacBook Proを単体で使用する際にはこのスタンドを使用してきました。 

 しかし,このスタンドの最大の弱点は,
「スタンド中央部のへこみとMacBook Proの足部分とを合わせるのが非常に難しい」
ということです。

f:id:es60:20170818115719j:plain

 しばらくの期間使用してきたのですが,未だに慣れませんし,1回1回微妙に位置がずれているのが自分でも分かります。

 まあ,黒いゴム部分がシリコンですので,多少ずれていてもそれほど影響はないのですが,何かすっきりしません。

 そんなとき,画期的なものを見つけました。EM社の「フォルダブル(Foldable)」という商品です。

 

えっ,紙で支える?

 このFoldable,届くのは1枚の紙切れです。
 紙の種類は「和紙」「ジェート紙」「環境対応紙」の3種類から選べるようです。その紙に折れ目が付いており,それに沿って折り曲げ,既定の形にしてからMacのスタンドにします。

f:id:es60:20170818120531j:plain

f:id:es60:20170818120543j:plain

f:id:es60:20170818123300j:plain

f:id:es60:20170818123310j:plain

  実際に購入してみると,その小ささ,頼りなさを真っ先に感じます。
「おいおい,本当にこれでMacを支えられるの?」
「俺,結構リターンキーを強く叩くよ?」
といった感じ。また,既定の形に折るのも結構苦労したりして…まあ,慣れでしょうけどね。

 というわけでとりあえず実践です。

 「紙で支える」という理論を支えるのは,紙の素材,折り曲げ方に加え,「液晶部と本体間のヒンジ部」にFoldableを差し込むようにして使用するという原理にあります。
EM社のホームページにも,下のような図で説明されていますね。

f:id:es60:20170818121206p:plain

 つまり,この「隙間」が無いとFoldableが入り込んで本体を支えることができないというわけです。Foldableの「使用感」として「全く使い物にならなかった」という評価が上がっているのは,おそらくこの隙間が無いタイプのPCを使用している方によるものだと思われます。
 購入する場合は注意が必要です。まあ,Macであれば大丈夫ですけどね。

 

で,肝心の使用感はどうなの?

 で,肝心の使用感ですが…

f:id:es60:20170818121544j:plain

 これ,すごいですよ。

 Mac中央部の10数㎝部分で支えているだけなのですが,本体が全くぐらつきません。

 試しにセッティング終了後に本体左右の端をつまんでぐらぐらと力を入れてみましたが,殆ど動きません。その安定ぶりは,これまで使用してきたスタンドと同様です。

 もちろん強めのタイピングにも何の不安感もありません。意地悪く普段以上の強さで叩いたり,思いっきりリターンキーを押したりしてみたのですが,こちらの悪意をあざ笑うかのように「びくともしません」。

 もちろん紙に関してはその素材や折り曲げ方等によっては想像以上の耐久力を発揮する場合があるということは知識としてはあるのですが,目の前で起こっていることが信じられないような気持ちになります。

 

 これまでのスタンドとの違いは,「高さ」ですね。

 これまではキーボード上端部が「4㎝」ほどの高さに持ち上げられていたのですが,Foldableでは「5.5㎝」ほどと,結構な高さまで上がります。
 しかし,これが結構悪くないのです。キーボード上部まで無理なく指が届く感じがありますし,これまで悩んでいたトラックパッドと掌との接触によるカーソル移動」が激減しました。
  これ,本当にストレスになっていたんですよね。タイプ感は最高なのに思い通りにタイプできないもどかしさ…以前にも書きましたが,是非Appleには「ソフト的にトラックパッドの感度や認知範囲を可変できるシステム」をつくっていただきたい。以前使用していたAirではこのようなことは殆どありませんでしたので,明らかに
トラックパッドが大型化したことによる弊害」
です。
 しかし,Foldableを使うとこのストレスから解放されるのは大きいです。本当にミスタッチが無くなりますよ!

 

心配なのは耐久性…

 と,現状申し分ない使い心地で,「少々お高い…」という不満も吹き飛ぶほどの一品です。
 唯一心配なのは,その「耐久性」ですね。なんせ「紙」ですので…

 「折れ」「曲げ」に強い素材ではありませんので,元々の「折り目」以外が折れてしまったり,折れ目が裂けてきたり,耐久性が落ちてきてMacを支えられなくなったりといったことが起きないか,今後の様子見です。

 もちろん一定の期間ごとによる買い換えが必要な商品だとは思いますが,それにしてもしばらくの間は持ちこたえていただきたい…

 今後の使用感も含め,その劣化具合など,もし気になることがあったらまたお知らせさせていただきます。

 以下に動画でFoldableのことを紹介しております。興味のある方はどうぞご覧ください。


紙で支えるMacBook用スタンド〜Foldable(フォルダブル)〜