カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

SONY ノイズキャンセリング機能搭載イヤホン,ヘッドホン「WH-1000XM2」「WF-1000X」発表

SONYから「ノイズキャンセリング機能」製品一斉放出!

 先日は「Beats Studio3」に関する記事を書きましたが,今度はSONYからも…

 昨年は「WH-1000X」を発表して,「ノイキャン=BOSE」という業界の風潮に一石を投じたSONY。今年度はその第2弾を始め,意欲的な製品群を発売するようです。

 実に様々な商品が発表されたのですが,ここではその中から3機種に絞って紹介していきたいと思います。

 

「WH-1000X」の後継機,「WH-1000XM2」

 やはり一番の注目はこれでしょう。これまでのノイズキャンセリング機能を引っ張ってきたBOSE製品を脅かすことになった「WH-1000X」は,そのノイキャン性能のみでなく,高音質という点についても高評価を得ました。(私は異論を唱えたいのですが,それは後述)その後継機ということで否が応でも期待が高まりますね。

f:id:es60:20170910144005j:plain

f:id:es60:20170910144017j:plain

 個人的には音質向上がどの程度図られているのかに注目です。

 

完全ワイヤレス化「WF-1000X」〜AirPodsに対抗〜

 お次は完全ワイヤレス化の製品の「WF-1000X」。

f:id:es60:20170910145033j:plain

f:id:es60:20170910145042j:plain


 AppleAirPods同様の製品として,満を持しての発表のはずです。
 ケースでの2回分の充電はできるものの,「3.5時間」という駆動時間はやや短いか?ノイキャンに関しては,ユーザーに行動を分析して自動でモードを切り替えるのだそうで…

f:id:es60:20170910144814j:plain

 どんな具合になるのでしょうか。

 

ネックバンド型ノイキャンイヤホン「WI-1000X」

 ゼンハイザーなどからも発売されている「ネックハンド型」のイヤホンも発売ですね。しかもノイキャン機能搭載です。

f:id:es60:20170910145102j:plain

f:id:es60:20170910145113j:plain

 BAとダイナミックのドライバーを搭載したハイブリッド型とのこと。私が使用している「BeatsX」も,これ程太いネックバンドではありませんが,同型式といえましょう。「BeatsX」は,ケーブルが長すぎて据わりが悪いのですが,こちらの製品はそんなことがなさそうにも思えます。実際の使用感が気になりますね。

 

問題は音質です!

 と,紹介して参りました。「Beats Studio3」の紹介の際にも書かせていただきましたが,「大事なのは音質」です。

 昨年のモデル「WH-1000X」は,一般的には「高音質」と評価されていますが,私が実際に聴いたところは最悪の音質です。現状,高いノイキャン性能と高音質は両立できないのではないかと考えています。また,肝心のノイキャン性能に関しても,到底満足できる基準ではないということはこれまでも書かせていただいております。 

 「MH-1000XM2」が,これまでの常識を越えるほどの「ノイキャンと高音質のバランス化」を図った機種であれば,きっと「名機」と評される機種になることでしょう。

 …まあ,無理だとは思うのですがね。

 その他の2機種についても,懸念されるのは「ノイキャン機」だということです。もちろんまだ聴いていないのですが,結局「BeatsX」の方がダントツで高音質だし音を流したらノイキャンなんて意味ないよ…という結末にならなければいいのですが…