カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

SamsungがAppleよりも「2倍」売れているという事実!

Samsungってやっぱりすごかった!

 新型iPhoneの話題でもちきりのApple周辺ですが,現実を見せつけられるような記事が来ています。

 Samsungって,こんなに売れているんですね。

 

なんとAppleの2倍の売上げ!

 2017第二四半期の売上げデータですが,Samsungが7900万台,Appleが4100万台と,端末の売上げで見るとSamsungAppleに対して2倍も売り上げているんですね。

f:id:es60:20170902140120j:plain

 まあ,Appleは「iPhone」だけで売ってますが,SamsungはGalaxyS8以外の廉価版も多数発売しているでしょうから…。個か各モデルを売り上げているAppleですので,もしかすると「純利益」で見るとこの差はずいぶんと縮まるのかもしれません。

f:id:es60:20170902140815j:plain

 しかし,Samsungの販売力は脅威ですね。今後中華スマホが飛躍的に伸びるであろう状況を考えると,新興国での売上げをAppleがどのように考えていくのかということが重要になってくるのでしょう。

 iPhoneSEにしても,中華スマホと比較すると十分「高価格モデル」ですので,あくまでも高価格モデルオンリーで行くのか,それとも…
 でも,「SE」以上の低価格モデルってあまり想像できないのですが…以前の「5C」での失敗もありますし。
 まあ,昨今のAppleのやり方を見ていると,「価格を下げた旧機種の継続販売」という戦略に傾いているようですね。新興国でその考え方がどのように受け入れられるのか…

 また,日本について考えてみると,個人的には,
「性能は旧機種でも問題ないところまで来ているので,最上位機種や最新機種への盲目的な信仰がなくなり,それぞれの使い方で機種を選択」
できるまでに「ユーザーの心持ちが成熟」してくればいいのではないかなあ…と考えているところです。そうなれば,ただでさえ「iPhone一強」で「飽和状態」ともいえる日本であっても,さらにiPhoneの利用率を高めることは可能なのではないでしょうか。

 また,「料金的」にも軽減される部分が大きくなってくることも考えられますよね。

 

 中華スマホの急成長により脅かされるのはAppleか,それともSamsungか?新興国でどのような判断をされるのか,そして各メーカーがその判断に対してどのようなケアをしていくのか,注意深く見守っていく必要がありますね。