カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「ベゼルレス iPhoneSE+」〜乗り換え必至の魅惑的モデル〜

こんな新型iPhoneSEが出たら…黙っていられない!

 来年早々にも発表が噂されている新型iPhoneSE。

 これまでは,画面サイズが「4〜4.2インチ」という,従来と代わり映えしない噂が殆どでした。

f:id:es60:20170930125954j:plain

f:id:es60:20170930130004j:plain

 性能的には期待できますが,その外見はあまりにも見慣れたもの。新鮮味が殆どありません。

 そんな中,恐ろしいほどに魅力的なコンセプト画像の記事が来ていました。思わずゾクッとします。

 

「へゼルレスiPhoneSE」コンパクト+大画面の衝撃!

 その新型iPhoneSEのコンセプト画像がこちら。

f:id:es60:20170930130345j:plain

f:id:es60:20170930130357j:plain

f:id:es60:20170930130412j:plain

 いや〜,やばいっす。かっこよすぎ!

 iPhoneSEの筐体サイズはそのままに,ベゼルレス化を図ることで画面のサイズは4.7インチ。つまり,iPhone8の画面をSEのサイズで楽しめるということ。

 これ,もし本当に発売されるのであれば,私「即買い」です。
 手の中の収まりがよく,画面すべてに指が届き,ポケットにすっぽりと入る…。「より大画面を」という思いが強い方でなければ,この機種,「絶対的な存在」になり得るんじゃないでしょうか?

 記事内には,iPhoneX同様の「Face ID」に加え,これまでの鬼門だった「TouchID内蔵ディスプレー」になるとの記述がありますが,そんなに欲張らなくてもいいですから,この筐体で発売してもらいたい。

 有機ELパネルもいりません。歩止まりの悪いTouchID内蔵ディスプレーもいりません。ホームボタンがなくなるので「Face ID」は必須でしょうから,これだけは搭載して,無理のない形で発表してくれたら…バカ売れの予感です。

 

「程よい」の再認識を!

 スマホの筐体・画面サイズに何を求めるかという観点については,これまでも幾度となく議論されてきました。

「少しでも大きく」
という意見もあるでしょうし,
「いや,小型であることの意義が大きい」
という意見もあるでしょう。

 わたしは,この「iPhoneSE+」は,それらのいいところ取りをした「程よさ」をもっていると感じます。そして,その「程よさ」が実にツボにはまっていると感じるのです。

 特に日本人のように手のサイズが小さい場合(私のように男性としては手が小さい人はもちろん,女性の方も特にそうでしょう),ストレス無く思い通りの画面操作をするには,iPhone8のサイズで「ギリギリ」と感じる方が多いのではないでしょうか。
 私は,iPhone7でも画面左上をタップする場合は握りを浅くするひと手間を要します。「Plus」になるともはや絶望的です。「絶対無理」と感じるレベル。

 ところが画面サイズはiPhone7と同じながら,筐体サイズか小さくなる「SE+」であれば,恐ろしいほどに無理なく,4.7インチの画面を楽しむことができるはずです。

 想像するだけで心ときめくこの感じ。最近のApple製品にはなかった感覚です。
 初めてiPhone3GSを触ったとき…初めて初代iPadを触ったとき…のような感動を味わえるような予感を感じるのです。

 

 来年は無理でも再来年あたりに出てこないかなあ。心からこのタイプの端末がAppleから発売されることを心待ちにしています。