カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2018iPhone,話題の中心は「画面」

2018iPhoneは「画面」中心で話題が展開しそう

 先日は,iPhoneXの品薄問題と合わせて来年度のiPhoneのラインナップについて書かせていただきました。

 時を同じくして,各方面で来年度ミッドレンジiPhoneの「画面」に関する話題が多く出回っています。

 

ベゼルレス化の波

 まずもってその話題の中心は「ベゼルレス化」ということ。
 どの話題でも,来年度のiPhoneは「ベゼルレス化」されることが明記されています。

 妤年間続いた「iPhone6ベースデザイン」からの脱却。はっきり言って遅すぎです。Appleユーザー,よくここまで我慢しました(もちろん私を含めて)。

 「ベゼルレス化」についても,Galaxyでは特段目新しいものではなくなっているため,非常に「今更感」を感じます。その先進性という点では,完全にSamsungの後塵を拝しているといえる状況になってきました。

 さて,そのベゼルレスディスプレイですが,本ブログでも再三お伝えしてきたジャパンディスプレイの「Full ACTIVE」の採用が本命視されているようで,いよいよ有機EL化は無理なのかなと思えてきました。

 さらに,デザインでいうと二通りの考えが出ていますね。
 まずはシャオミMiのような,下部にベゼルが残るタイプ。

f:id:es60:20171014141857p:plain

f:id:es60:20171014141912p:plain

 また,Full ACTIVE液晶本来のよさを生かすとなると,4辺ベゼルレスも可能なようです。

f:id:es60:20171014142046j:plain

 やはり,画面の問題だけでなく,「Touch ID」や「Depth Camera」との絡みからデザインが決まっていくことになるのでしょう。

 この点に関してはゴタゴタが続いていますので,なんとかすっきりとした形で,しかも十分な供給を保証する形で発表してほしいところです。