カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

SONY「WH-1000XM2」「WI-1000X」聴いてきた!〜その上で下した意外な判断とは?〜②

「WH-1000XM2」と「BeatsX」との比較を

 先日は,「WI-1000X」に対する考えを書かせていただきました。
  今回は,「WH-1000XM2」のレビューと,両機種と「BeatsX」との比較をお伝えしたいと思います。  

 

違和感が減少した「WH-1000XM2」だが…

 以前に,初代の「1000X」のレビューを書かせていただきました。

 結論から言うと,ノイズキャンセリング機能からいっても,音質からいっても,到底満足できるものではありませんでした。
 さて,今回の二代目は?

 確かに進化はしています。
 ノイズキャンセリングは初代よりも効いてして,私が試聴した量販店のノイズをほぼ完全に消してくれました。初代はかなり音が残っていましたので,格段の進歩といえます。
 また,「すっ」と音が消えていく感覚も,初代のように何か耳が締め付けられるような独特の違和感が大幅に減少し,実用に耐えられるレベルの達したと考えます。

 肝心の音質は…
 初代と比較して「若干」解像度を増して,極度の「ボワツキ」もやや改善したかといった感じ。しかし,それでもとても4万円の音質ではありません。音が遠い,解像度が低い,VOCALの定位が極端におかしい等,以前に感じた「ダメダメぶり」は,基本的にそのままです。

f:id:es60:20171029145716j:plain

 そして致命的なのは,昨日お伝えした「WI-1000X」との圧倒的音質差です。
 この2機種を交互に効くと,開いた口が塞がらない程度の「差」が「一聴瞭然」です。

 解像度,定位間,音の広がり等,すべてに渡って「WI-1000X」の圧勝。
 「WH-1000XM2」を選ぶ理由はノイズキャンセリング性能」のみです。 

 

冴え渡る「BeatsX」の魅力!

 と,ここまでSONYの2機種に関して書いてきたわけですが,ここからが結論です。

「BeatsXすごい!」

 前述の通り,「WH-1000XM2」に関してはその音質から真っ先に私の眼中からは消えました。
 よって,ここからは「WI-1000X」と,普段利用している「BeatsX」との比較を!
 あっ,もちろん「BeatsX」を量販店に持ち込んで,同じ環境で聴いた上でのレビューです。(AK120Ⅱに接続→iPhone等と比較し,音質が格段に上がります)

 「WI-1000X」が解像度に優れ,美しいモニターサウンドを奏でることは,昨日お伝えしました。しかし弱点は「こぢんまりして面白みに欠けること」「肝心のNC性能に期待できないこと」です。

 反面「BeatsX」ですが,こと「解像度」に関しては本当に「若干」程度後塵を拝するように感じましたが,全体のバランスがすこぶる良好なのです。詳しく書きますと…


・解像度,分離感がいい
→絶対的なものは「WI-1000X」に譲るが,とがりすぎず,物足りなさを感じずという,絶妙な落としどころ

・定位間良好
→焦点がVOCALを中心にしっかりと安定しており,全くぶれません

・左右の広がり,奥行き感もあり,壮大な音場
→こぢんまり感皆無

・VOCALを中心に,個々の音の「張り出し感」が絶妙にコントロールさせている→VOCALが遠い,バックの特定の楽器・特定の音域が主張するといった類いの問題が全くありません(この点については,10万超えのCustomイヤホンでも問題になる場合が多いです)

・ダイナミック特有の十分な低音の質感,それでいて完全フラット
→音が強い,大きいということではない。リスニング寄りの雰囲気が絶妙で,聴いていて楽しくなる音。しかし,音の傾向は完全なるフラットです。(「雰囲気」という部分では「低音」が大きな意味を持ちます。「WI-1000X」に絶望的にかけている部分)

・曲がかかれば,外部音ほぼ遮断
→「WI-1000X」を大きく超えます。曲がかかっていない場合や,静かな曲の場合はそれなりに入ってきますし,その点では「WH-1000XM2」に利がありますが,ある程度の音量で鳴り出すと,その「WH-1000XM2」との違いが分からなくなります。これ,すごいことです。

f:id:es60:20171022185426j:plain

 以上,もちろん「WI-1000X」には繊細で美しくフラットな音が存在しますが,「外に持ち出して音楽を楽しむ」という基本に立ち返ると,「BeatsX」に大きなアドバンテージがあるように感じます。
 また,その音質傾向も「好み」の問題で,「解像度」「分離感」等の差もわずか。それ以上に「定位間」「音場感」「雰囲気」といった点では「BeatsX」が大きく優れています。

 また,「NC」を売りにしているのに「BeatsX」の方が遮音性に優れているという事実。普通は遮音性を高めると「低音が強調される」などの影響が出るのですが,「BeatsX」にはその弊害が全くといっていいほど見られないのです。

 ダメ押しはその価格。
 現在「BeatsX」は13000円を切る値段で買えますが(! いつの間にこんなに安くなってるんだ?),「WI-1000X」は35000円弱。
 はい,音質にこれだけの差は全くありません。むしろわたしはこの値段が逆だとしても「BeatsX」を選ぶと思います。まあ,2万円以上プラスですと,もうちょっと見た目や使い勝手に手を入れて欲しいとは思いますが(笑)

 

 と,ここまで全くの独断で各機種のレビューや比較をさせていただきました。
 もちろん音の好みは人それぞれですので,もしよろしかったら参考にという程度で眺めていただければ幸いです。