カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

AppleWatchSeries3といっしょ!⑦〜「BeatsXとAirPods」を音質で考える〜

気軽に音楽が聴ける,AppleWatchSeries3あってこそ

 AppleWatchSeries3を購入後,ワークアウト時のイヤホンとしてAirPodsの優秀さを再確認したということを以前お伝えしました。

 以降,気軽に音楽を聴く際にAppleWatchSeries3を利用することが増えましたし,その際にAirPodsを選択することも多々あります。「手元にプレーヤーがあり,完全ワイヤレスのイヤホンで聴ける」という携帯性は「絶対」ですね。

f:id:es60:20171030144746j:plain

 さて,以前からお伝えしているように,私が普段利用しているDAP「AK120Ⅱ」とiPhone等のアップル製端末とでは,その音質にすこぶる大きな差があります。

 BLUETOOTHの企画等に明るくはないのですが,AK120Ⅱは特段の最新規格をクリアしているわけでもなく,レシーバー側のAirPods,BeatsXも同様です。
 SONY製品のように「aptX HD」等のハイレゾ規格を満たしているわけではないのですが,結論から言えば「AK120Ⅱ+BeatsX」は素晴らしいのです。

 SONYの「WI-1000X」との比較は以前にお伝えしたとおりです。
 まあ,「WI-1000X」とSONY製「aptX HD」対応DAPではまた違った感想になるかもしれませんが,それにしても「飛躍的に」根本となる音質に変化があるとはこれまでの経験上考えられませんので,「規格」以外の高音質の秘密が「AK120Ⅱ」にあるのではないかと考えているところです。

 この点,iRiver製品特有のものなのか,高級DAPに共通した事柄なのかは分かりません。「有線」であれば,DAP本体の部品性能等によって高音質化されるのは理解できますが,BLUETOOTHで飛ばす際に,DAP本体の性能が影響するのか?
 もしおわかりの方がいらっしゃったら教えていただきたいと思います。

 

AirPodsとBeatsXの音質差を考える

 さて,今回は一旦AppleWatchSeries3を離れ,純粋なAirPodsとBeatsXとの音質分析をしてみたいと思います。

 BeatsXに関しましては,以前の「WI-1000X」との比較でも書かせていただきました。

再度書かせていただくと,

・解像度,分離感がいい
→絶対的なものは「WI-1000X」に譲るが,とがりすぎず,物足りなさを感じずという,絶妙な落としどころ

・定位間良好
→焦点がVOCALを中心にしっかりと安定しており,全くぶれません

・左右の広がり,奥行き感もあり,壮大な音場
→こぢんまり感皆無

・VOCALを中心に,個々の音の「張り出し感」が絶妙にコントロールさせている→VOCALが遠い,バックの特定の楽器・特定の音域が主張するといった類いの問題が全くありません(この点については,10万超えのCustomイヤホンでも問題になる場合が多いです)

・ダイナミック特有の十分な低音の質感,それでいて完全フラット
→音が強い,大きいということではない。リスニング寄りの雰囲気が絶妙で,聴いていて楽しくなる音。しかし,音の傾向は完全なるフラットです。(「雰囲気」という部分では「低音」が大きな意味を持ちます。「WI-1000X」に絶望的にかけている部分)

・曲がかかれば,外部音ほぼ遮断
→「WI-1000X」を大きく超えます。曲がかかっていない場合や,静かな曲の場合はそれなりに入ってきますし,その点では「WH-1000XM2」に利がありますが,ある程度の音量で鳴り出すと,その「WH-1000XM2」との違いが分からなくなります。これ,すごいことです。

ということになります。

f:id:es60:20170717184718j:plain

 

 対するAirPodsは?
 遮音性を置いておき,音質でいえば完敗です。BeatsXとの比較でいうと,

・重厚感がない(艶感のないカサカサの音)
・左右の広がりに劣る
・音の厚みがないからか,全体のまとまりや定位間に欠ける
・低音は思いのほか出ているが,非常にぼやけている。あまりの締まりのなさが全体を台無しにすることもしばしば。(これが非常に大きなマイナス材料)
・解像度,分離感低い
等々…。

f:id:es60:20171022190833j:plain

 音質に関していえば,同価格帯とは思えないほどのかなりのランク差があります。

 しかし,しかしです。
 「軽い音」だからこそ,聴き疲れしないというメリットもあります。
 特にワークアウト時や,さらっと聞き流したい場合などは,AirPodsの「軽さ」が救いになる場合もあるわけです。

 ジョギングしている際に,決してずれ落ちず,外部の音も聴こえ,圧迫感がなくさらっと聞き流すことができる…。
 音質どうこうで選ぶ機種ではない,というのが結論ですね。

 その上で,私はAirPodsを購入してよかったと思っています。

 

 ちなみに,AirPodsのケースは小さく滑りやすく,しかも傷つきやすいという三重苦に見舞われています。
 もちろんそのままの質感を楽しむのもありですが,私は,滑り落とす危険性を感じ,Amazonで以下のシリコンケースを購入しました。

Xberstar Apple AirPods ケース カバー 収納ケース 保護用 シリコン製 (ホワイト)

Xberstar Apple AirPods ケース カバー 収納ケース 保護用 シリコン製 (ホワイト)

 

 同様のシリコンケースでもう少しお高いものもあるようですが,この商品素晴らしいですよ。
 蓋の部分も普通扱っている分には外れたことはありませんし,手にしっかりとなじんで落とす心配が大幅に減少しました。

 自信をもってお薦めいたします。