カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2018iPhone 「6.1インチモデル」の存在意義が分からない!

えっ,6.1インチモデル? 全く意味が分かりません!

 先日のブログでちらっとご紹介しましたが,来年度のiPhoneラインナップの噂が来ていますね。

2018年に発売されるiPhoneは3機種、全モデルTrueDepthカメラ搭載でホームボタン無し | iPod LOVE

f:id:es60:20171118121725j:plain

 

 有機ELモデルはさておき,液晶モデルの噂には開いた口が塞がりませんでした。

 

なぜ「大きく」するの?

 問題はその「筐体,画面のサイズ」です。
 「6.1インチ」ですか? なぜ5.8インチモデルと同じサイズではないのでしょうか? なぜ「あえて」変えてくるのでしょうか?

 様々なiPhoneXのレビューを見ると,
「iPhoneXの片手操作は難しい」
という意見が優勢です。まあ,手が大きい方であれば大丈夫かもしれませんが,私のような小さめの手の男性や,女性にとって,現行iPhone8,おまけしてiPhoneXが許容されるギリギリのサイズであると考えます。

 どこに「大きくしなければならない理由」があるのでしょうか?記事内では,この情報の提供元がこれまでの実績から見てかなり信頼の置ける方だということを伝えています。

 もし本当だったら…。そして5.8インチ有機ELモデルが今年と同じような値段設定だったら…。

 来年度に買い換えを考えている私としては大いに悩むところです。

 

来年度に型落ち「iPhoneX」「iPhone8」を狙う手も…

 そこでふと考えたのが,「型落ち」モデルの購入です。

 型落ちのiPhoneXであればそれなりに価格が下がるでしょうし,iPhone8についても同様です。無理をして分不相応の高価な端末を購入しなくてもいいのでは…という考えがムクムクと頭の中に湧き上がってきました。

 最近のiPhoneの性能の高まりは毎年のように話題になっています。
 しかし反面,それが「加熱ぎみ」と感じている層も存在するのでは。同時に,近年のAppleの方針である
「格安モデルを投入するのではなく,型落ちモデルを価格改定して継続販売する」
という考え方の裏には「数年前のモデルであっても性能的には全く問題ない」のだというメッセージが込められていることにかなりの人々が気付き始めました。

 実際,MVNO各社では,「今更ながら」iPhone6sやiPhoneSEの取り扱い開始を声高に謳っています。

 最新iPhoneが今後「超高級価格帯」に移行し,さらに画面サイズが「拡大傾向」に進むとすれば,「5.8インチ」という画面サイズにこだわり,進んで「前年度のモデルを狙う」という考え方もあるのではないでしょうか?

 

4.7インチiPhoneSE+が出てくれれば何の問題も無い!

 まあ,普及価格帯iPhoneがいくらサイズアップしても,以前に紹介した「iPhoneSE+」が本当に発売されるのであれば,何の問題もありません。

f:id:es60:20170930130345j:plain

 「小さめのiPhone」は絶対に担保していただきたい。
 Appleさん,ユーザーの立場に立って考えてみてくださいね。