カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

えっ? iPhoneの3DTouch機能が無くなる?

3DTouch機能,かなり使ってるんだけどなあ…

 先日は,2018iPhoneの「6.1インチ液晶モデル」について記事を書きました。

 この液晶モデルに関しても,以下のような記事が来ています。

 なんと,「3DTouch機能」が無くなるというのです。
 これ,結構ショック。機能呼び出しで重宝してますし,現在アシスティブTouchを活用して,スリープにする際に3DTouch機能を活用しているものですから…。

 

液晶技術そのものの変更が理由

 その理由を探ると,以下のような記事が。

 なんでも,6.1インチモデルに採用される液晶は,「CGS」と言われる「より軽く,耐衝撃性が向上した」ものに変更されるのだとか。その分コスト上昇が予想されるため,3DTouch機能が省略されるのでは…というのです。

 なんなんでしょうね。もちろん液晶が軽く頑丈になるのは賛成ですが,これまで踏襲されていた便利な機能が無くなっていくというのは納得できません。

 更に心配なのが,このCGS技術が,2019年OLEDモデルにも採用される見込みだということです。ということは,来年度のモデルからは3DTouch機能が消えて無くなるということ。

f:id:es60:20180429133825j:plain


 まあ,それに取って代わるだけの新機能を提案してくれれば何の問題も無いわけですが,Appleさん,そこのところどうなってるんですか?

 

仕様変更の横行は迷いの表れ!

 iPhoneXで現れた「ノッチ部分」への批判を受け,2019年モデルではそのノッチ部分の縮小化や撤廃が噂されています。

f:id:es60:20180429134811j:plain

 また,FACEIDに関しても,将来的には「TouchID内蔵ディスプレー」への移行もささやかれています。

 もちろん,時代や技術革新によって,搭載される機能やデザイン等はその主流そのものが変遷していくのでしょうが,近年のiPhoneに関しては,
「方針が定まっていないのでは?」
と感じる部分も少なくありません。

 

 特に「iPhoneX」関連ですね。
 2018iPhoneXは販売を継続しないという噂に関しても,近年のAppleの方針とは異なるわけでして,Appleの方針に迷いを感じるわけです。

 もちろん,近年特に中華スマホ勢の追い上げが急になっていますし,Appleとしても現状のiPhoneの位置付けに安穏としてはいられないのでしょうが,もう少し自分たちの立ち位置に自信をもってもいいのでは…と感じてしまいます。

 

 この先2〜3年が,iPhoneにとっての分水嶺ともいえる時期になってくるのでは…と感じています。
 踏ん張れ,Apple