読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスタム/CUSTOM/で いこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

LG UltraFine 5K Display/レビュー⑤/〜使ってみて気付いたこと…〜TouchBar無しモデルの存在感

Mac

LG UltraFine 5K Display 使ってみて気付いたことをこまごまと…その3


 MacBook Pro(Late 2016)をクラムシェルモードで使用するにあたり「必須」とも言えるほど快適なLG UltraFine 5K Displayのご紹介。

 

 今回は,実際に使用してみて気付いたことをご紹介…その3

 

es60.hatenablog.com

 

 

es60.hatenablog.com

 

「TouchBar無しモデル」とLG UltraFine 5K Displayの組み合わせの可能性

 今私は,MacBook Pro(Late 2016)の「TouchBarモデル」を使用しています。

 快適ですし,満足しています。それに,LG UltraFine 5K Displayが加わったのですから,この快感は言葉では表せないほど。

 是非たくさんの方に体感していただきたく,このブログも書かせていただいております。Windows使いの方,こっちへいらっしゃい!

 

 さて,以前に,「TouchBarありモデルと無しモデルとの間には,越えられない壁がある」という私の意見を掲載させていただきました。

 

es60.hatenablog.com

 

 

es60.hatenablog.com

  このときに私の頭の中にあったTouchBar搭載モデルのメリットとしては,

①CPUスピード

②メモリースピード

③TouchBarの先進性     そして,最も重視したのが,

④USB-Cポートの数 です。

 ①と②については,「実感できるほどのの明確な差は無い」というのが実態のようです。また,③については,

「無ければ無くいいい」

という程度のものです。あっ,あくまでも今の時点での私見では…ですが。以前にも書きましたが,Bar無しでも快適にトラックパッドで操作できるのがMacの良さであるわけで…Barを使いたくなる画期的な何かが割り付けられなければ,TouchBarの存在意義そのものが薄れかねないと考えています。

 

 しかし,④については,MacBook Proをデスクトップ的に使いたかった私としては,絶対譲れないポイントでした。

 ところが…ところがです。LG UltraFine 5K Displayを購入することによって,その「絶対」の根拠が揺らぎ始めました。

 

LG UltraFine 5K Displayの裏面ポートとMacBook Pro(Late 2016)との親和性

 LG UltraFine 5K Displayについては,これまでもレビューさせていただいてきました。その中で「TouchBar無しモデル」を再評価すべき視点が浮かび上がってきました。

 それは,

①LG UltraFine 5K Displayの裏面ポート

MacBook Pro(Late 2016)との親和性

です。

 

 LG UltraFine 5K Displayには,MacBook Pro(Late 2016)と各種データをやりとりしたり,給電したりするためのサンダーボルト3のポートの他に,USB-Cポートが3基搭載されています。また,それらが,シームレスに,高速にMacBook Pro(Late 2016)と接続されます。

f:id:es60:20170115162948j:plain

 これまで,TouchBar無しモデルでは,電源に本体のUSB-Cポートをとられると,自由に使えるポートが一つだけになってしまっていました。しかし,LG UltraFine 5K Displayを導入することで,このポート数の不安が一気に解決されるのです。

 

 CPUやメモリーのごくわずかな性能差に目をつぶり,TouchBarの先進性を味わう楽しみを捨てることができれば,TouchBar無しモデルは非常に魅力的です。安価で,バッテリーもBar無しモデルが優秀のようですし…

 

 もし私が,最初からLG UltraFine 5K Displayの購入を予定しており,TouchBarはさほど重要でないこと,性能差は殆ど無いことを知っていたなら,積極的にBar無しモデルを購入したかもしれません。

 

 Mac購入の「そもそも」を変えるだけの力が,LG UltraFine 5K Displayにはあるのだと考えます。